読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/06/08(内容のみ)

  おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「The art of love is largely the art of perisitence.」

これは、アメリカの臨床心理学者、アルバート・エリスさんの言葉です。 
日本語に訳すと「恋愛のコツは主として粘り強さにあります」となります。

ねっ。皆さん、粘り強い恋愛してますか?ワタクシはしてますよ。ええ。
今日はなんと、『世界一難しい恋』。早いですね。もう9話ですよ。なんだかんだ。鮫島社長、どうなるんでしょうかね?ええ(笑)
英語喋ってたよ、鮫島社長。鮫島社長、2話じゃねえ、4話ぐらいで喋ってたでしょう。うん。あれもちゃんと覚えたんだよ。うん。そしたらなんかさ、ちょっと音楽つきかなんかでうっすらとしか聞こえなかったでしょう。残念だよね(笑)
1話でも喋ってたんだからね、ホントは。すげー覚えたのにカットされたよ。まぁ、しょうがないけどもさ。ええ。

まぁ、でもね、いろいろやりましたね、ホントに。
水族館のシーンとかはね、非常に面白かったよ。セイウチっていうのいるじゃない。セイウチくんがね、水槽の中入ってて。水族館の中の。ガラスをね、叩くんですよ。構ってくれみたいな感じで。
で、波瑠ちゃんとのシーン撮ってるときに、「はい、よーい、はい!」ってちょっとセリフ言ってると、奥の方からドンドンドンドンとかずっと聞こえるの。
で、こっちもセリフ、芝居しながら気になってさ。「あれ?これって、いつカットかかっちゃうのかな?」とか思いながらの芝居になっちゃってさ。 
そんで案の定、「はい、カット」って。「何?何の音??」って言ったら、セイウチくんがさ、延々叩くんです。構ってほしいのかな。結構セイウチくんの周りに行くと叩くから。
逆にね、水槽のガラスがすげえなって思いますよ。分厚いんだなとかね。ええ。やっぱね、水族館面白いなと思いましたね。うん。

あと、やっぱね、釣ったことがある魚を見るのが僕好きだなと思って。メバルカサゴとかのコーナーがあるんですけどね。
メバルカサゴってね、僕、基本夜釣ってたんですよ。夜釣りで。うん。だから明るい所でもちゃんと見たことはそんなない気がしてて。
で、確かに船長曰く「メバルは口を開けてポカーンと動かず待ってる。上を向いて。餌が降ってくるのを待ってるから。で、だいたいの壁際にギリギリでちゃんと仕掛けが落ちるようにすれば食うよ」と。で、想像でやってたわけ。 
それが実際、水族館にいるのを見るとね、ホントに待ってんだよ。動かず。それにね、やっぱりね、感動しちゃったね。うん。ホントにそこに今、餌を入れたいと思った(笑)
そうそう、まずね、釣り。釣りたい物が見つかったら水族館行くことが一番いいかもしれない。うん。「ああ、こうなってんだ」と。うん。逆にホントにそれはそれの方がいいかもしれない。そうすれば釣ってるときに想像ができるから。
まだ釣ってない魚いっぱいいるんでね、水族館行ってから今度釣りたいなと思いましたね。

以上、大野智でした!
今夜は9話です。

(BGM 「I seek」)