読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/06/06(内容のみ)

  おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「らしくある必要なんてない」

おお、いいですね。
これは、脳科学者、茂木健一郎さんの言葉です。
「らしく」は自分らしく、大人らしく、の「らしく」ですね。ええ。

リスナーのシーコンさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「大野さん、おはようございます。
自分らしいって何でしょう?歳を重ねるとだんだん知らぬ間に「らしく」に囚われてる気がします。大野さんはどうですか?」

そうですね。まぁ、らしくっていうのはさ、周りが言うことだからね。自分で意識することではないからね。だからもう、そんなことは確かに考えなくていいなって。うん。
まぁ、周りが言ってくれて「ああ、そうなんだ」でいいんじゃないですかね。うん。まぁ、らしくね。でも、らしくが正解かっていったら分かんないですけど。
いや、僕はね、ちょっと前に握力測定器を買っただの、究極「らしく」ないじゃんみたいなことでしょう。いやいやいやいや。なんでよ、これも僕だよ。まぁね、確かにイメージ的に言ったら「なんで?」って話か。もっと絵描くなら「ああ、らしいな」か。
逆にでも面白くない?握力測定器を買って、握力を鍛える器具も買いました。「えっ、らしくない」。でも例えば、もっと絵の線をスムーズに描けるよう、握力を鍛える。「ああ、なるほど。らしい」になる可能性もあるってことでしょう。
マグロを釣りたいから握力を鍛える。「ああ、なるほど」とか(笑)
まぁ、そういう話はいいんですがね。

この間ね、握力をどうすりゃ鍛えればいいかみたいな話ししましたけどね、リスナーの方からメールきまして。しかもね、ちゃんとトレーナーの方のメッセージもきてるんですよ。ちょっと紹介しますね。
ナオナオさんから。
「私は日々トレーニングマシーンや筋肉トレーニングなどの指導をしています。
智くん、道具などの必要のないトレーニングを一つ伝授します。それはグーパーです。最大級の力で手を開き、力を込めてグーにします。グーパーを100回やってください。握力は掌だけではなく手首も鍛えます」

ああ。グーパーを思いっ切りやるだけでも全然違うんだろうね。いや、なるほどね。
あと、もう一つはリーさんなんですけど。
「ボディビルの大会にも出ているジムのトレーナーに聞いてきました。
まず、握力を鍛えるグリッパーなのですが、100回もニギニギできる負荷の物ではダメだそうです。20回くらいでもう限界というくらいの強度の物で15~20回のセットを2、3回やるようにとのことです。
その際、必ずゆっくりやることも大切なポイントだそうです。とにかく握力を鍛えるには前腕の筋肉、つまり肘から手首までの間にある筋肉を鍛えることが大切だそうです。
「前腕を鍛える方法はたくさんあるけれど、ブルース・リーもやっていた指立て伏せは簡単にできていいよ」と言っていました」

マジっすか!?あんなのできるんすか(笑)
いや、でもそういうことか。ちょっと意識してやってみますよ。50目指そう!
以上、大野智でした!

(BGM 「I seek」)