読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/05/12(内容のみ)

  おはようございます。昨日、ドラマ見てくれましたか?嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「世界を手に入れるために自分の魂を失うな。懸命さは金銀よりも価値がある」

これは、ジャマイカのレゲエミュージシャン、ボブ・マーリーさんの言葉です。

リスナーのチャコさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「智くん、おはようございます。
ボブ・マーリーの熱い思いが伝わってくるような言葉でいいなと思い、今日の一言にさせていただきました。
智くんの周りで、「この人、情熱的だな」と思う人を教えてください」

ああ。僕じゃないですか。うん。んなわけない(笑) ええ。
いやー、まぁ、でもね、なんでしょうね。まぁ、最近はね、もうなんだろう、物事をこれはここみたいな、それを変えようと思って。
ようは家にある物で観葉植物の本物じゃないやつ、作られた物でもいいやって。ちょっと緑っ気がほしいと思って買ったんですよ、ちょっと前。まぁ、自分の身長ぐらいある、ちょっと長めのやつをね。
で、それをね、観葉植物ってさ、ちょっとイメージ、家の端っこに置きたがるでしょう。うん。正直、僕、端っこに置いてたわけ。でもなんかね、急にね、家帰ってきて、「なんで観葉植物はいつも家の脇役的な感じになってしまっているんだろう?」って、なんかしんないけど風呂入りながらふと思ったんだよ。
そんで、風呂上がった瞬間に、俺すぐ観葉植物をリビングのテーブルのど真ん中においてやったんです。そしたら良かったの。うん。
でね、僕、あれもらったんですよ。去年、ハーモニカのたんす。ロケで作ったんですけど、それをいただいたんですね。それがリビングにあるんですけど、その観葉植物をタンスの上に置いて。
だから、リビングのど真ん中にその観葉植物が置いてある。思ったより良くて。うん。アートじゃん。つーか、観葉植物、主役だなと思った。うん。

だから皆さんもね、ちょっと横に置きがちなんですよ、角っこに。うん。確かにいいんだけども、たまには真ん中にも置いてあげて。ソファに座ってテレビ見よう思うなら、邪魔と思わないで。自分が避けてみて、横を。
そうだね。僕、昔ね、今は1個しかないけども、昔考えてたのは、観葉植物を家の中じゅうに入れてやろうと思ったことがあって。
ようはもう観葉植物だらけにしてかき分けてリビングを入る。かき分けた先にソファがあるとか面白かなとか思ってたんですけど。ちょっとさすがにまだ実行してないですけどね。ええ。もしやったら報告します(笑)
以上、大野智でした!

(BGM 「I seek」)