読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

世界一難しい恋・2

器が小さくたって、恋をするのだ。



  前回、美咲に彼氏がいるんじゃね?って疑惑が浮上したわけで。
その情報が三浦からの情報ってのが何とも・・・。

で、その三浦、前回、美咲に壁ドンしてたじゃないの。口説く気満々なのかと思いきや、そうではないようで。
チャラいにも程がある
零治は三浦に「極秘プロジェクト」として美咲の身辺調査をしたのよね。自分で動かずに部下を使うあたり、なんだかもうって感じですが、しょうがない。不器用なのだから。

結局、彼氏はいないと分かったものの、外国人と付き合ってたと知って手を引くとか言い出すし。
器が小さい男・・・
あ、もっと器が小さいと思ったのは、和田と対談するときに椅子の大きさを気にしてたのもそうね。こんな男やだ(キッパリ)

器が小さい零治に、舞子がしたアドバイスは「できるのか?じゃなくてやるんです」
私はこの画像を思い出してもた。そうだ、のっぽさんだってそう言ってるんだぞ。
(注:言ってません。ネタです。そもそものっぽさん、『できるかな』の最終回でしか喋ってないし。衝撃の結末だったな、あれは)
やれ、零治!(何故か偉そう)
dekirukana


そこからの零治は、なるべく人に優しく接するようになって。社員に挨拶して、捨てられてた小犬を拾ったり。
そんでもって、偶然を装って休日出勤してる美咲の前に現れて・・・ってやってることがストーカーチックだけど、そこは目をつぶろう(笑)
美咲が小犬を抱っこしてるのをスマホで撮ってるときの零治が、とっても幸せそうな顔だったよ。いい顔だった

その直後、小犬の飼い主が見つかって一悶着。
居合わせた小学生に説教されたのが今回のツボ。小学生に説教されちゃう35歳・・・(笑)

よく、「人を変えることはできない。自分が変わらないと」って言うけど、ホントそうで。
終盤で零治が社員達とお昼を食べに行くのはまだぎこちなかったけど、クビにした松田とドアマン(名前忘れた)を呼び戻すのを「極秘プロジェクト」と称したとき、ほんの少し一体感が出てきたなって感じました。
この先、もっと雰囲気が良くなればいいなと思う。ギスギスしてるのはやだもんね。

で、その松田とドアマン。話が前後するが。
わたしゃ、松田は零治をドロドロに恨んでると思ってたのよ。
2時間ドラマだったら殺人事件が起きるくらいのレベルと言っても過言ではないでしょう(明らかに言い過ぎ)
しかし、松田さんは零治に対する恨み言は一切口にしないどころか、楊枝袋をプレゼントしたではありませんか。
ホントいい人だし、たった1回のミスでこんないい人をクビにするなんて零治のバカヤローとさえ思った(やっぱり言い過ぎ)
美咲が松田を和田のホテルに入社させようとして、零治と一悶着あったときはどうなるかと思ったけど、まぁ、めでたしめでたしかな。
ドアマンも無事に子供が生まれたし、零治から命名辞典プレゼントされてたしね。
(プレゼントというより、小犬がいなくなって必要なくなったから渡したようなもんだけど・・・)

いろんなことがいい方向に向かってめでたしめでたし・・・といかないのがドラマなのであって。
和田が美咲を狙ってるとは。狙うというのは従業員としてなのか、それとも・・・。
ところで、いつも和田と白浜が密会してる場所が怪しすぎるんだが。それが気になってしょうがない。
っていうか、和田自体が妖しい雰囲気満載だからそう見えてしまうのか。偏見はいかんな。うむ。