読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/04/28(内容のみ)

ARASHI DISCOVERY
  おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「夢なき者に理想なし。理想なき者に計画なし。計画なき者に実行なし。実行なき者に成功なし。故に夢なき者に成功なし」

これは、幕末の教育者・吉田松陰さんの言葉です。
成功するにはまず夢を持つことから始めましょうということです。

あなたの夢を教えちぇ
ちょっと若干噛んだ(笑) ねっ。
いや、夢はね、そうだね。夢のままでは終わりたくないよね。うん。夢はね、決していなくならないですからね。叶えるまで。つきまとうんですよ!自分の脳裏に。焼き付いとるわけですよ。

まぁね、僕そうだね、夢叶ってないからね、まだ。だって僕が初めて夢を持ったのは子供のときの「パン屋さん」だからね。叶えなきゃ、それ。うん。だってかわいそうじゃん。子供のときの僕が言ってるよ。「まだやんないの?なんで芸能人やってんの?」って思ってますよ。ええ(笑)
「あのパン屋の匂い、あのワクワク感忘れたの?」「うん。まぁ分かってるよ」って。「人生いろいろあんだよ」って。うん。
そんで、中学校のときの夢がマンガ家だったからね。うん。あっ、小学校のときか。うん。小学校の自分も言ってるよ。「何やってんの?マンガ描かないの?」って。うん。そうだね。
いや、でも何だかんだ叶ってると思ってますよ。そう、だってパン屋にはなってないけども、この仕事を通じてパンを作る体験をいっぱいさせてもらいましたよ、取材とかいろいろ。うん。なかなかできないじゃないですか、普段。
なのでね、ある意味叶ってんだなと思いましたね。まぁ、マンガ家にはなれないけども個展をやらせていただいたりね。とか。そういう意味では経験はできてるなってのは思いますね。それがこの世界のいいなと思うところでもありますね。

だからね、すげえ、誰だっけな?加藤清史郎くんかな。言ってたのがすごく格好良くて。「清史郎くん、夢は何?」って聞いたことあるんだよね、昔。そしたらね、「警察官」だと。
「へぇ、じゃあ、なんでこれやってるの?」って適当なノリで聞いちゃったわけです、僕も。「え、なんで役者やってるの?」みたいな。「役者をやってれば、警察官の役もいずれはできる可能性もあるし」みたいな。確かに。だから面白いな、そういう考え方もあるんだなと思いましたね。

そう、ちなみに僕はね、社長になりたいと思ったことあるからね。今はそういう意味では叶ってる。『代表取締役社長』って名刺が欲しかったの。今もう叶ってんだよ。
今持ってるよ。『代表取締役社長 鮫島零治』ってのは持ってる。ただ、『大野智』ってのは持ってないから、それがやっぱり欲しいかな。次はそこ。
何の取締役かってのはどうでもいいわけ(笑) それ持ちたいだけだからね。じゃあ作れよって話だよ。ええ。
以上、大野智でした!

(BGM 「I seek」)