たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/04/20

小犬になりたい。

(予告見て思ったんで、本編見て強く思うかもしれん)



  おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「及ばぬ鯉の滝登り」

これは、どんなに努力しても見込みがないこと、いくら希望しても不可能なことを例えたことわざです。
魚の鯉は産卵のために川を遡りますが、垂直な滝までは登ることができないというところからきているそうです。
また、この言葉、多くは魚の鯉と恋愛の恋をひっかけて、望みが叶えられない恋愛を表すときに使うようです。

まぁ、使ってる人、会ったことないですね(笑) ええ。
リスナーのチャイムさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「零治くんの恋は難しいけれど、いつか叶うと信じて全力で笑いながら応援したいと思います。笑う気満々ですみません。
零治さんはメダカを飼っているそうですが、智くん、もうメダカと仲良しになりましたか?」
なるほど。メダカにもいっぱい種類があるんだなと思いましたね、まず。うん。それもビックリしましたね。
確かにずっと最近ね、メダカに餌ばっかあげてますよ。撮影で。でもね、メダカに餌をあげるシーンの初日、結構水槽が丸いんですよ。で、結構上も高くて。僕の身長より全然高いかな。手伸ばしたら届くんですけどっていうくらいで。
で、その上から餌あげるんですけど。最初はね、コップ1杯くらいの餌の入れ物があって、直接振りかけてあげる。で、あげてメダカを見るってシーンだったんですけど。
「まぁ、ちょっとこれ本番でやってみましょう」みたいな。「じゃあ本番。よーい、スタート!」って、振り振りしてるわけじゃない、手を上から。「もう全然餌落ちてこないな」と思って。うん。「あれ?」と思って。
で、もっと振り振りしたのかな。いきなりですよ、すごい粉の量でまとまってドボーンってきちゃって。半分ぐらい落っこっちゃって。水槽の中、餌だらけになっちゃって。「はい、カット」って言われて。「ごめんなさい」って。
いやね、水の中だと分かんないんだよね。見えないの。しかも水槽が円になってるから、落っこちてんのかが分かんないんだよ。だから全然餌が降ってこない、見えないから「あれ?」って振ってたら半分ぐらいブワッて入っちゃって。ええ。ちょっと撮影止まりました。いきなりスタジオセットにそれやっちゃいました(笑)
それからね、途中から手でつまんで入れるようになりましたね。最初からそれやってれば良かったなと。ええ。「メダカごめんね」と思いながら。ええ。
いや、でもね、キレイなもんですね。うん。メダカもね。うん。いや、なんかずっと見てられます、やっぱり。うん。結構な量入ってますから、撮影中のメダカは。うん。なのでね、それも見応えあると思いますけどね。ええ。

まぁ、今日、2話ですって。早いなー!今、何話撮ってんだろう。マジで焦ってんだろうな。
今日は後輩の小瀧(望)くん、のぞニイとのシーンもありますので、是非見てください!
以上、大野智でした!

(BGM 「Daylight」) 



というわけで、今夜は2話ですよ。
今夜こそリアルタイムで見れるように頑張ろう寝ないで頑張る(子供かよ)

ところで、今夜はのぞニイとのシーンがあるそうで。のぞニイに壁ドンされるのかしら(違う)
いや、もしかしたら顎クイかもしれん。それともスクールラブ・・・ってもういいか(笑)
つまり、イケメンとイケメンのぶつかり合いですよ・・・って戦うわけじゃないか

1話で、社員は社長を嫌がって腫れ物扱いみたいな感じだったけど、この先、関係が変わってくるんでしょうね。
恋愛も見どころだけど、人間関係の変化も見どころなんだろうな、と私なりに思う。
いい変化なら大歓迎。楽しみです