読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/04/11

『I seek』最後のパパラパラ~♪で、マツコがよく言う「パヤパヤ」を思い出してもた

(昨日の夜ふかし(特番)でも言ってたね、パヤパヤ。私的にはレピッシュ『パヤパヤ』が思い浮かぶの。バブル真っ只中の80年代なのである)






おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「I do not seek, I find.」 

うん、ちょっとね、勝手にピカソ意識してみました。ねっ。どんな声か知らないですけど。ええ。
これは、スペイン出身の世界的な芸術家、パブロ・ピカソさんの言葉です。
日本語に訳すと「私は探し求めない。見出すのだ」となりますね。seekは探し求める。findは見つける、見出すということですね。はい。

さて、ピカソより~ 普通に~ 嵐のニューシングルが好きっ♪
ねっ。ええ。永野さんのネタをパクってしまいました。「普通に~」って面白いよね(笑) なんだ、その普通ってね。ええ。
ということでですね、なんと嵐のもう49枚目となるシングルですよ。うわー!5月18日にリリースされます。
今回のシングルはですね、ワタクシ大野がですね、主演する日テレ系のドラマですね。『世界一難しい恋』の主題歌『I seek』と、同じメンバーの松本潤さんが主演するTBS系のドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』の主題歌『Daylight』が両A面ですよ。
二つのタイトルを繋げるとですね、「I seek Daylight」。俺は夜明けを探し求める。かっこいいな、JStorm。言いたかっただけです。ええ。ねっ。
『I seek』これですよ。結構キャッチーな感じじゃない、なんか曲調が。ええ。
いや、なんかまぁ、僕が言うのも何ですが、なんかある意味ドラマに合ってるというか。うん。なんか可愛らしい感じかな。うん。なんかいい感じにマッチしてる感じがしますけどね。ええ。
もう1曲ね、松潤のドラマの主題歌になりすけどね、『Daylight』もね。これもね、合ってます(笑) ドラマの内容まだ知らないですけど、まぁ合ってますよ。ええ。
いや、結構何だろう、『I seek』よりは全然、ちょっとまた違った曲調ですね。ええ。逆にドラマが楽しみでだね。

まぁ、でも同じクールでね、松潤とね、一緒に連ドラやるのはね。結構、僕かぶるんですよね。相葉ちゃんとかニノとか。うん。あと、だからやってないのは翔くんと僕かな。かぶったことないの。うん。
いや、でも嬉しいですよ。同じメンバーがね、一緒にやってるって。うん。楽屋一緒になるとね、どっちかが台本開くじゃないですか。ええ。「あっ、俺も開かなきゃ」って思うんだよね。なんかしんないけど(笑)
でも、それってなんかいいなと思いますよ。うん。いや、そんな感じですけどね。ええ。

まぁ、この2曲をね、両A面で出すので、皆さん是非聴いてもらいたいと思います。まぁ、この後ね、ゆっくり『I seek』かけますんでね、皆さん聴いてください。
というわけで、電話の前のアナタ。この後『I seek』の曲紹介よろしく!
以上、大野智でした!

(BGM 「曇りのち、快晴」「I seek」「Daylight」) 



今日の一言でピカソが出た時点で、永野のネタやると思ったのよ。ホントにやった
永野といえば、昨日の『TORE』で『Love so sweet』歌ってましたね。あのメロディで。
メロディって大事だなと思いました。メロディ違うと全然違う歌になるんだなーと、当たり前の事を実感しましたです。ええ。

そんなわけで(どんなだ)、『I seek』ですよ。ドラマのCMでちょこちょこ聴いていいなと思ったけど、フルで聴いてますますいいと思ったわ
明日のドラマが楽しみだわ。楽しみすぎて職場でニヤニヤしそうだから気をつける(笑)