たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

死神くん・3

3話の内容はロードムービーだと私は思ったのだけど。



(以下、ネタバレあり)
今回の内容は、恋人同士のやけくそ逃亡劇だったわけね。生きる希望を失って自暴自棄な男・譲二と、余命僅かな病弱の少女・瞳。
決して、二人の行動はいいものではない。狂言誘拐を企んだりね。でも、悪いものでもない。自由に外を歩いてみたいっていう少女の願いを叶えようと、男が次々と行動したのだから。
そうするには、ひたすら護衛の男から逃げて逃げて逃げまくるしか方法がなかったってことだよな、これは。うーん(--;)
(この「うーん」は「しゃべくり出て楽しかったの。うーん」(Ⓒ翔くん)とは違う「うーん」である)←どうでもいい

気になったのは、身代金の受け渡しに瞳の父親が来なかったことね。危険だから護衛の男に任せたのかもしれないけど・・・。
ドラマ中、父親が何処かで出てくると思ったけど、一切出てこなかったでしょ。それが気になった。
瞳が言うように、父親は本当に仕事のことしか考えてない人間だったのかな・・・。父親の姿も気持ちも見えてこなかったから、見終わってモヤモヤしてしまったな。

あっ、でも、モヤモヤだけじゃなかった。スッキリした部分もあったのよ。
瞳との逃亡劇をとおして、譲二の心に変化があったからさ。少しでもいい方向に向かったのが救いというか。

今回・・・いや、前回のラストから登場した悪魔。
一番ウケたのは、カラオケボックスに現れたときですよ。マイク使って喋るシーンがツボに入って、しばらく笑いが止まらなかった。別にマイク使わんでもいいでしょっていう(笑)
悪魔と譲二のやりとりがエコーかかってたから余計におかしくて。細かいんですが、そういうの気になるもんで(^_^;

細かいネタといえば、死神くんだってそうですよ。
ラーメンの屋台で紅ショウガをつまみ食いしてたし。1話で福子の家のカニ(の甲羅)を食べたときも思ったけど、今回も思った。「人のもの勝手に食うなよ」って。
あと、何かの店先にあった撃退スプレーを護衛の男にかけてたのはいいんだけど(ホントは良くないけど)、ずーっとかけてるからちょっと護衛の男が気の毒になったわー。かけ過ぎだっての。
まったく、姿が見えないからってやりたい放題しやがって (笑)

今回もトラブルがありながらも無事に任務を遂行した死神くんだけど、最後の最後で重大な事実が発覚したじゃありませんか。
わたしゃ、見終えて思ったね。この先の話も、死神くんは今まで通りのスタンス(人間寄り)で任務につくのかな?って。
次回はその点に注目しながら見ることになるでしょう。ああ、待ち遠しい(>_<)