たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

怪物くん・#5

グスグス(泣)

今回も泣いた。特にラスト。
あ、ラストの一歩手前っていうか、その辺りで(どこだよ)
(以下、ネタバレ注意)
今回のテーマは「恋」。
ドラキュラが盲目の女性・茜に恋する話を中心に、怪物くんが恋を知ろうと必死になる1時間でした。

恋は知ろうと思って分かるものじゃないし、しようとおもってできるものではないのは言うまでもなく。
「胸がキュンとする」とか言葉にしても、経験しなきゃ分からないもの。
難しいテーマです。果たして怪物くんが今回で恋を知ることになるのか!?と思いながら見てました。
気になるじゃん。誰を好きになるんだろうって。わたしゃ、ウタコを好きになるのかと思ってたんだよ。そしたら違った。

結果から言っちゃうと、怪物くんは身をもって恋を知ることはできなかった。恋だと思い込んでたけど、違った。
愛情を知ることができた。自分にとって大切な仲間がいるということを。
まぁ、それを恋だと思い込んで、デモリーナに力説してるのがおかしかったけどね。怪物くんらしいや。

そのデモリーナだけど、さらに過去が明らかになりましたね。
人間だった頃、恋人に裏切られて濡れ衣を着せられたとは・・・。
嫌な経験をすると、何を信じていいのか分からなくなるでしょう。恋愛だと「もう恋なんてしない」って思うでしょうし。
(って、こういうタイトルの曲があったな・・・)
そこで自暴自棄になるか、大切な物事に気付いて前に進むかなんだろうな。彼女の場合は前者だったんでしょうけど・・・。

冒頭に書いたドラキュラの恋はホントに切ない・・・。いや、苦い。
ドラキュラが執事クラブから茜を連れ出した時、彼女がドラキュラの正体に気付かずに思いっ切り突き飛ばして逃げ出してしまって・・・。これは胸が痛かった。
でも、もっと胸が痛かったのは、デモリーナと対戦後にドラキュラが茜から声を掛けられたのを突き放したこと。
悲しみを堪えて、あえて冷たい態度をとったドラキュラの姿、涙なしでは見れませんでした。
怪物が人間に恋した故の結末といえばそれまでだけど、やっぱり・・・。叶わぬ恋は残酷です。

悲しいことがあったけど、それでも前向きな終わり方だなぁって思ったんです。
今回、怪物くんの恋はなかったけど、いつか好きな人ができて恋をすることだってあるでしょう。そんな気がする、未来に繋がるような終わり方だなぁと思ったのです。
めでたしめでたしって思ってた。アラマ荘に引っ越してきた"高杉よし江"が現れるまでは。
なんだか、いやーな予感を残したまま終わった5話でした。

さてさて、今回のツボどころはヒロシの行動。
まさかヒロシが恋してるとは思ってなくてビックリ!ふられちゃって残念だったけどね・・・。
あと、オオカミ男とフランケンが訪ねてきた時。例のドラマのキスシーンを見ようとしてたところで、ごまかすために勉強してるふりしてリモコンをペン代わりにしてた。ごまかし方が可愛いなぁって思って(笑) 細かいんだけど、気になったもんで。

次回のテーマは「親」なんですかね。
大王が人間界にやって来るみたいだし、親子のやり取りが見どころなのかも。
予告ではデモキンが復活してたみたいだし、なんだか物語が急展開しそうだなぁ。