たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

怪物くん・#1

いよいよ始まった「怪物くん」。
涙あり笑いありだろうなと思ってたんですが、まさにその通りでした。
マジであのシーン、泣いたわ・・・。

かと思えば、シリアスであろうシーンが笑いの絶えないシーンになってたりして。
予想を裏切る展開っていうんですかね、あれは。楽しかったです。

ちゅーわけで、詳しい感想は追記へ・・・。
(この先、ネタバレカーニバル)
怪物ランドのプリンスは、とんでもなくわがまま。周りの人・・・いや、怪物が手を付けられないほど。
そんなプリンスとお供達が、修行のために人間界に突き落とされ、騒動を繰り広げるお話。
アニメとドラマは設定がいろいろ違ってるけど、それはそれでいいんじゃないかと思う。違和感ないしね。

人間界に来た怪物くんが知り合った人間の子供・ヒロシがつく様々なウソを巡って、怪物くん達がとんでもない目に遭うわけで。
「ウソも方便」と言うし、一概に悪いとは言えない。ウソをついた方が良い場合もある。でも・・・やっぱり悪いことだよな。
難しく深いテーマを、面白おかしく、時には涙ありで話が進んでくところがすごいなぁと思った。
こういう話って説教じみたり、押しつけがましくなってしまうけど、それがなかった。だから見終わって清々しい気持ちになったんです。

意外だったのは、オオカミ男の言動。留置所に入ってる時、怪物くんがウタコの助けを断った時、キチッと諭したんだよね。私的には、そういう役割ってドラキュラがすると思ってたから、意外に感じたのよ。
もうね、私はオオカミ男のセリフを聞く度に涙が止まらなかったよ。もっと言っちゃうと、上島さんの演技で泣くと思わなかった(笑)
日頃、くるりんぱやったり、アツアツのおでんを食べてる人とは思えない迫真の演技でした。

怪物くん演じる大野くんはというと、それはそれは可愛い!の一言に尽きます。
まずは人間界に来て駄々こねるシーン。足抱えてジタバタして可愛い~(デレデレ)
よく考えてみよう。29歳の男がそんなことしたら、普通は見苦しいでしょ。「何この人」ってドン引きですよ。でも、大野くんは違うの。ぜんっぜん見苦しくないの。可愛いし面白い!
あと可愛いと言えば、留置所のシーン。フランケンにもたれかかって寝てるの!もうなんなんでしょう、あの可愛さ。そのまま連れて帰りたいくらいの可愛さだわ(やめて下さい)
こんな調子だから、きっと次回以降も可愛いシーンがあるんだろうなぁ。楽しみだわ。

いろいろツイッターで突っ込みながら見てたのね、メモを兼ねて。ところが上手く文章にまとまらなくてね。
まぁ、私はこういった文章を書くと長くなるから、このくらいがちょうどいいのかもな。

今日は私一人で見たけど、家族みんなで楽しめるドラマだと思います。いい話だしね。来週も楽しみです。
さぁ、ヒロシに正体がばれちゃった怪物くん、これからどうなるんでしょう・・・。