たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

嵐のワクワク学校2015~日本がもっと楽しくなる四季の授業~・2015/06/28 11:00

私にとって、ワクワク学校は2年おきに参加するイベントのようで。
2011、2013、そして今回。3回目の入学になります。
実は今回、不合格(落選)だったんですが、声を掛けて下さった方がいたおかげで、入学することができました。
裏口入学(オークション)ではない。正門(?)から堂々と入学ですよ。

今回は嵐さんが先生、Hey! Say! JUMPが生徒という初の試み。
人数が一気に増えて賑やかになりそうだし、なにしろイケメンの人数が増えるなんて素晴らしいじゃありませんか(*´∀`)

そうそう、私はHey! Say! JUMPについて詳しくないので、メンバーの呼び方が分かってなくて。
呼び方は、名字にくん付けで表記しますね。グループ全体はジャンプくんで。
あと、キャラに関しても分かってなくて。詳しい方から見て、「そんなのも知らないの」みたいなずれた感想になるかもしれません。感じたままを書きますね。
嵐のワクワク学校2015~日本がもっと楽しくなる四季の授業~
2015/06/28(日)11:00 東京ドーム
41ゲート10通路3塁側2階26列にて受講




ワクワクしながら開演を待ってると、壁に飾られたセットが目に飛び込んできます。
お約束の「日々是気付」の標語、嵐さんが歴史上の人物に扮した写真、ジャンプくんが寺子屋の生徒に扮した写真。

大野くん:千利休
翔くん:?
相葉ちゃん:勝海舟(たぶん)
松潤最澄(たぶん)
ニノ:?
翔くんとニノが分からなかった。歴史苦手だった自分のバカヤローです(>_<)

実はジャンプくんの写真、私が座った席からだと、セットが被ってよく見えなかったんです。
なんとか見えたのからして、「これは寺子屋?」って思ったのです。想像の域なので違うかもしれません。

セットは床も。中央に教室があって、その周囲の床が装飾されてるのはいつもどおり。
その装飾、今年もすごかった。季節ごとに別れていて、春は水田が設置されてる!これ一番ビックリした(゚ロ゚)
あと、冬は除夜の鐘と赤い門。ん?赤い門??
この赤い門が何なのかは、後で分かるのだけど、そのときはなんじゃらほい?でした。



前置きはこの辺で、本題。
オープニングVTRは、「日本の匠」ということで、人間国宝である人形職人の方のインタビュー。
そして、嵐さん一人一人がいろんなコスプレ・・・いや、いろんな姿に扮して登場です。

大野くんは人力車のお兄さん。のっけからテンション上がったよー!
すれ違った舞妓さんが広げた傘に、ワクワク学校の校章が描かれてる!それを見た大野くんが、白衣に変身してワクワク学校へワープします。

ようは、他のメンバーも、ワクワク学校の校章を見つけて白衣に変身、学校へワープってパターン。
翔くんは華道をやってて、切り落とした花がワクワク学校の紋章になってた。
松潤鷹匠で、鷹が運んできた布(紙?)に校章が描かれてた。なぜかドヤ顔(笑)
ニノは棋士で、指した駒に校章が描かれてた。
相葉ちゃんは、寿司職人。太巻きを切ったら校章になってました。

嵐先生が集合したところで、ドームに登場!もう嬉しくて手を振りまくってました。
ついでに二の腕もフルフルしてました。
・・・いいの。二の腕も嵐さんのこと歓迎してるから(笑)



★入学式
今回は四季に関して学びます。まずは春から。
春と言えば、まずは入学式。ジャンプくんが茶色のブレザーで登場です!いやー、若いな~。

一人ずつ名前を呼ばれて返事をするのだけど、声に違和感がある生徒がいました。八乙女くんです。
コンサートのリハーサルで喉が枯れたとか何とかで。すごいガサガサの声になってました。
例えるなら、椿鬼奴さんと平泉成さんを足して二で割ったような感じ(笑)
この場面に限らず、八乙女くんが喋る度に会場から笑いが・・・。本人の喉のことを考えたら笑っちゃいかんと思いながらも、つい(^_^;
なんつーか、「笑っちゃいかん」と思うときに限って、笑いが堪えられないもので。

入学式が終わったら、いよいよ授業開始!



★春 二宮先生
米について。
米という字は「八十八」という字を組み合わせたもの。米作りには88の手間が掛かると言われています。
その88の行程をVTRで紹介。

新潟のゆるキャラ(?)・まいまいじいさんが紹介してくれるんですが、どっかで聞いたことある声なんだよな・・・。
なんか、ボビーを少し高くしたような声っていうのかな。

棚田を作って農作をしてる人が出てきたのだけど、ただただすごいと思った。
我が家の近所に田んぼがあるのだけど、棚田ではないのね。よく見る感じのやつ(説明下手くそ・・・)
棚田を見ることはなかなかないので、普段見ることがないものを見れたのは大きな収穫でした。

VTR終わった後、まいまいじいさんの声が二宮先生なんじゃねえかという疑惑が浮上。
まいまいじいさんが喋ってるとき、二宮先生を見るとバッチリ喋ってました。思いっ切り口が開いてる(笑)
後で松潤がまいまいじいさんの真似してたんだけど、ボビーそのものでした。

さてさて、設置してある水田で田植えをすることになりまして。松潤と有岡くんが挑戦してました。
ここで、有岡くんがラジオで「松潤が怖い」と言ってたことが発覚。
二宮先生は有岡くんに「やってやろうぜ、松本」(※こんな感じの言い方だったと思う)って言わせてました。先輩に向かって呼び捨てって、とんでもねえ無茶振り(笑)
それに対して松潤は、「やってやろうぜ、大貴」(※こんな感じの言い方)って返して、ガッチリ握手。おお、素晴らしい。

で、田植え開始したんだけど、松潤がものすごく丁寧に植えてるからスローペース。有岡くんも一生懸命植えてました。
二宮先生が有岡くんに向かって「ナシ岡」って呼ぶと、「アリ岡です」って返すやり取りが何度かあって。翔くんがツボだったようでウケまくってました。
(どうやら「マシ・オカ」って聞こえたみたい。そんな感じのことを言ってたような・・・)

田んぼの中は泥みたいなものでしょう。そんでもって足がとられて動きづらい。
その状況下で松潤が有岡くんにちょっかい出してました。わざと引っ張ったりしてね。子供か(笑)
有岡くんが必死に抵抗してました。「まだ1時間目だから」(ここで全身汚れたら迷惑が掛かる)って。とにかくいじられまくりの有岡くんでした。

授業の締めの言葉は「お米は日本のたからもの」
「宝」という言葉は「田から生まれたもの」という由来だそうです。
そう考えると、私達は先祖から「たからもの」を受け継いで、それを食べて生きてきたのだなと思うのです。ありがたいですね。
農作業してる人達に感謝しながら大切に食べていきたいと思いました。



★夏 松本先生
夏といえば祭り、そして浴衣。
まずは浴衣に関するVTRから。
その間、嵐先生とジャンプくんは一旦はけてました。なにやら準備するようで。

VTRは、江戸時代の作り方で浴衣を作ってる職人さんの話。
東京都の重要無形文化財なんだそうだ。
で、嵐先生とジャンプくんは、その製法で作った浴衣に着替えてました。
イケメンの浴衣で飯が何杯でも食えます(;´Д`)(キモいよ)

夏で忘れてならないのがお盆。
お盆にお供えする精霊馬(キュウリとナスのやつ)についてと、盆踊りについて学びました。
精霊馬は先祖の乗り物。盆踊りは先祖を敬うための踊りです。

ここで、生徒みんなで「ハピネス音頭」を踊ることに。これは「Happiness」を盆踊りにアレンジしたもの。
ステージは盆踊り仕様になっていて、櫓に太鼓があって、その周りを嵐先生とジャンプくんが話になって踊る、というわけ。
松本先生から振り付けを教わって、楽しく踊ることができました(^^)
ちなみに太鼓を叩いたのは中島くん。得意なのかな?

楽しく踊り終えた後は、授業の締め。
授業の締めの言葉は「伝統は世の中を明るくする先祖からの贈り物」でした。
春の水田でも思ったけど、先祖が伝えてきた物事って、私達の生活にしっかり繋がってるのよね。米を作る技術とか、先祖を敬う大切さとか。
私もそういうの娘に伝えていきたいし、娘もいずれ親になったとき、子供に伝えていってほしいなと思いました。



★秋 大野先生
大野智、京都へ行くの巻。
我らが大野先生の登場ですよ!

何で京都へ行ったかというと、茶道を学ぶため。「裏千家 今日庵」で作法を学びました。
亭主(お茶会を催す人)がお茶を点てる間、大野先生が正座してじっと待つわけですが、その時の顔が何とも言えない顔でして・・・(^_^;
なんていうんだろう。すんごいブスッとした顔してるの。「何もそんな無愛想な顔しなくても」って思った。
で、それを思ったのは私だけでなく、会場の生徒皆さんも同じだったようで。すんごい真剣なVTRが、笑いの絶えないVTRになってました(笑)

大野先生、お茶をいただいた後はワクワク学校で「和久和久大茶会」を開くため、亭主の作法を勉強してました。
先生に稽古をつけてもらって一生懸命練習してました。先生からは「初めてとは思えない」という素晴らしい言葉をいただいてました。おおっ、さすがだ。こりゃ、素晴らしいお茶会になるに違いない。楽しみですね。

というわけで、ステージには茶会の会場となる「和久和久庵」ができていました。掛け軸には「歩々是道場」の字が。大野くんの直筆です。
(「歩々是道場」は「どんな所でも修行の場になる」という意味だそう)
大野先生は、点てたお茶を飲む人を指名しました。「ヘイセイザンプの・・・」って。ザンプって何だ!?(笑)
いつも大事なところで噛んじゃうから今に始まったことではないんだけど、VTRの無愛想な顔といい、グループ名噛んじゃうのといい、笑いが止まらない。

で、指名されたのは山田くん。ちょっと緊張の面持ちで、お茶を待ちます。
亭主である大野先生、ちょっと手が震えてます。会場内は静寂に包まれて、お茶を点てるシャカシャカって音が微かに聞こえてくる。
山田くんがお茶をいただくんだけど、インカムが邪魔なことに気づきまして。慌ててインカムをずらして飲んでました。
更にその後、感想を言ったらインカムずらしたから声が入ってなくて。慌てて戻してました。その一連の流れに場内から笑いが。
文字にすると何がおかしいのか表現しづらいんだけど、ふとした仕草が面白かったんですよねぇ。

お茶を飲んだのは山田くんだけじゃない。嵐先生も、ジャンプくんも、会場内の生徒も。
と言っても、お茶はないのでエアで(笑)
できれば大野先生が点てたお茶を飲みたかったけど、仕方ないです。飲んだ気持ちでいました。

授業の締めの言葉は「おもてなしは形より心が大事」
かつて、千利休をもてなした方(誰だかメモってなかった・・・)が失敗ばかりだったそうで。利休の弟子はその人の失敗を笑ったのだけど、利休は笑わなかった・・・って話だったと思う(日にちが経ってるので記憶が曖昧。ヤバいな・・・)
それを踏まえての締めの言葉でした。
どんなに形が良くても、心がこもってなかったら意味ないですものね。



★冬 相葉先生
ステージに雪が降ってきました。
こういう演出素敵(^^)

冬と言えば、餅つきだよね、ということで、美味しい餅の付き方を教えてくれました。
手早く付くと美味しいそうです。北斗の拳みたいな早さで(笑)

奈良に手早く餅をつく名人がいて、その人達が実演することに。
(この人達って、テレビで見たことあるような気が。すんごい早く餅つく人見たことあるけど、同一人物なんだろうか?)
さっそく実演・・・の前に、高木くんとニノがつくことに。

杵って重いんだよね。私も餅ついたことあるから分かる。
「腰痛めないように気をつけるのよ」と思いながら、2人の餅つきを見守るのである。母親か(笑)
高木くんは一生懸命やってるんだけど、なかなか早くできなくて。頑張ってたと思う。
ニノは・・・ものっすごいスローだった。が、頑張ってたよ。うん。

2人がついた後、名人が実演。仕上げともいうか。
早い!目にも留まらぬ早さってこのことかと。餅を返す人、手に杵が当たるんじゃねえかとハラハラしちゃうんだけど、そんなことはなく。
名人の早業で、美味しそうなお餅が出来上がりました。いいなー。

出来上がったお持ちは、大根下ろし、バター醤油ガーリック、おかかと何か(忘れた)。3つの味付けで、嵐先生とジャンプくんで食べてました。
バター醤油ガーリックが美味しそう。試してみようと思いました。



冬と言えばもう一つ。年忘れ。
今回の宿題である、「今年起こった忘れてしまいたいこと」を嵐先生とジャンプくんも書いてたので、それを発表しました。
(今年じゃない話もあるけど、とにかく忘れたいことってことで)

中島くんは、「ジャニーズワールド」の本番中、スネアドラムのスティックを落としたこと。
山田くんは、知念くんとサウナに行って、マスクして入ったら冷たい目で見られたこと。
翔くんは、2007年のワールドカップバレーでジャンプくんを紹介するとき、「Hey! Say! 7」と言ってしまったこと。

一番ウケたのは山田くんの告白。
サウナに行って下を隠さずにマスクをしてたというではありませんか。そりゃ知念くん、冷たい目になるわな。
しかも、サウナの中についてたテレビに、山田くんのCMが流れて、その場にいた人はなんとなーく気づいてたっぽいし(^_^;
ここで相葉ちゃんが「下を隠さなかったのは自信があるから」みたいなことを言い出して場内大爆笑。私も笑いが止まらなかった(笑)
うん、そのとおりだと思うよ。「どうぞ見てくださいって言ってるようなもんじゃん。そんなにアレなんですか(アレって何?)

会場の生徒が提出したものも、少し読み上げてました。
みんな面白いというか、前向きだと思いました。私は仕事のことをなるべく前向きなことを書いたつもりだったけど、どっか重くて。
もっと肩の力抜かないといかんと思いました。

忘れたいことを読み上げるごとに、除夜の鐘をつくことになってて。伊野尾くんが軽快に鐘ついてました。ちょっとチャラい感じで(笑)
そして、嵐先生、ジャンプくん、会場の生徒の「忘れたいこと」は、相葉先生がその場で燃やしてくれました。
これでスッキリした気持ちで正月を迎えられますね。よかったよかった。

授業の締めの言葉は「忘れて許して笑顔が生まれる」
人の失敗を忘れて許すということは、相手を許すことに繋がります。それができないと、憎しみの連鎖になってまう、と・・・。
ただ、世の中いろんな人がいるから腹立つこともあるし、物事によっては許せないこともある。
全部が全部ってのは難しいから、一つでも許せることが増えればいいかな、と思いました。ホント、難しいけどね。
・・・怒ってるより、笑顔でいた方がいいに決まってるもんな。うん。



★新年 櫻井先生
みんなでカウントダウンして新年を迎えました。
なんかカウントダウンしてたら、カウコン思い出したよ。私はもっぱらフジテレビの中継を見て新年を迎えてたのだけど、モニターに映し出されたカウントダウンの数字(残りの秒数)がそんな感じだったからさ。
もう中継やらないのかな(´・_・`)

・・・っと、話が変わってしまう。戻す。
新年の行事というと、西宮神社で行われる福男選び。
ここで話は冒頭の「赤い門」に繋がります。そう、除夜の鐘と一緒にあったセットは福男のやつだったんですね。

嵐先生とジャンプくんで福男をやることに。
さらに、今年の福男である志和智徳さんが登場!おおっテレビのニュースで見たことある人だ!!(そのまんま)
なんと、志和さんも加わって福男を目指して走ることに。志和さんは大学の陸上部員なのよね。福男になるくらいだから、すんごい速いでしょう。

実際、競争したらめっちゃ速かった!
ハンデというか、ジャンプくんが志和さんを妨害しながら走るんだけど、志和さんはそれを振り切ってものすごいスピードで駆け抜けて、先頭を抜かして1着でゴール!
なんだろう、チーターみたいだった。うん、あれはチーターだ。やっぱり福男になるだけの速さなんだな。
ちなみに、二番福は相葉ちゃん、三番福は松潤でした。お疲れ様でした。



新年と言えば、その年の目標や抱負を決めるもので。
かつて、嵐先生が「Love so sweet」のシークレットトークで述べてた抱負をいくつか挙げてました。

翔くん:世界遺産のナレーターを狙う
相葉ちゃん:沖縄でコンサート
松潤:四国でコンサート

このとき、シークレットトークが少し流れたんだけど、私ったら覚えてませんでした。
相葉ちゃんの半身浴の話もすっかり忘れてて、まるで初めて聞いた人みたいな反応になってしまいました。
おかしいなぁ・・・。
櫻井先生、今も世界遺産のナレーター狙ってる様子。願ってればきっと実現すると思うので、その夢叶いますように。

ジャンプくんに「10年後の抱負」を聞いてみることに。
薮くんは、「ろうにゃくにゃんにょ(老若男女)に名前を覚えてもらいたい」。噛んじゃった(笑)
ロケに行ったとき、他のメンバーは名前を言ってもらえたんだけど、自分は・・・ってことがあったそうで。苦いメモリーだったわけね。

今、藪くんは25歳。10年後は35歳。大野くんくらいになるわけです。
その大野くんは10年前どうだったかというと、ロケか何かでファンに「松潤は?」って聞かれてたのだとか。
じゃあ、その松潤はどうだったかというと、ニノのファンに遭遇して「ニノに伝えて」って言われたそうな。
・・・という感じで、嵐先生も苦いメモリーがあったわけね。みんなそういうのを経験してるんですね。

余談ですが、11年前、「Stand by Me」を観まして。藪くん、八乙女くん、翔央くん、太陽くんが出ててさ。
あと、大人になった藪くんを秋山くんが演じてて・・・って、もういない人ばっかりじゃないか(^_^;
まぁ、とにかく、観たわけですよ。涙が止まらなかったよ(>_<)
藪くんが「25歳」って言ったとき、「ああ、もうそんな歳になったんだ。大きくなったんだね」って。親戚のおばちゃんのような心境だった(笑)

授業の締めの言葉は「一年の計は元旦にあり。一月の計は朔にあり。一日の計は鶏鳴にあり」
年の区切りはもちろん、月や日ごとに目標を立てることが大事だということですね。
「一年の計は~」は知ってたけど、「一月の計」「一日の計」は知りませんでした。勉強になるなぁ。



★卒業式
全ての授業が終わり、また春がやってきました。
授業が終わる。つまり、卒業です。

相葉先生が式辞、生徒が答辞を述べます。
テロップで表示された言葉をみんなで声を揃えて言いました。いいな、こういう一体感。

最後に校歌「ふるさと」を合唱して、嵐先生とジャンプくんは車に乗り込んでお手振り。
思いっ切り手を振りましたよー。二の腕の肉がブルブルしてたけど気にしない(笑)
お手振りが終わって、先にジャンプくんがはけていきました。その際、嵐先生が「24時間テレビ頑張って!」とエールを送っていました。
ホント、頑張ってほしいですね。私も応援してます!(^^)
最後に嵐先生がはけて、VTRでオープニングのメイキングが流れて終了でした。



今回は生徒、しかも他グループを迎えての授業ということで新鮮でした。
嵐さんと後輩グループの共演っていうのも嬉しくてね。普段、ジャンプくんを詳しくチェックしてないから、あんまりよく知らなくて。
そういう子達のいろんな一面が見れて楽しかったです(^^)

そういった楽しいイベントに参加できたのも、チケットを譲ってくださった人のおかげです。
声を掛けてくださったことに感謝します。ありがとうございました!
今回のワクワク学校も良い思い出になったので、それを胸に次また嵐さんに逢える日を楽しみに頑張っていこうと思うのです。



というわけで、例によって長いレポになってしまいました。うまくまとまらんのぅ。
読んだ方がいるか分かりませんが、もしいたらありがとうございます。読み終わった後、目薬さして緑を見つめて目を休めてくださいね。