読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/03/24

実は、無駄なことに大事な意味があるのかも。
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「若いうちは無駄が栄養ですね」

これは、日本のプロ野球や大リーグでも活躍した野茂英雄さんの言葉です。

リスナーのシノブさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「私の若いときの無駄は長電話です。1週間毎日違う友達と長電話していました。
いろいろな友達と話していたので、その当時から人にはいろんな性格があるんだなと思って友達ごとに話し方を合わせていました。
今、職場でプロジェクトリーダーをやっていますが、たぶんその経験があったせいで人によっての違いを把握しながら仕事を進めることができています。たぶんね。
智くんの若いときの無駄は何ですか?」

あー。でも分かるな、なんか。そのときは無駄なんだよね。でも分かってないんだよね、そのときの無駄って。

でもね、僕ありましたね。デビュー当時ね、友達がね、歌とかね、録音できる機材持ってて。よくね、友達の家に行ってね。僕も歌、練習したいなと思って、友達それ持ってるから。
友達も当時バンドを目指してて、やってて。そんで、なんか「俺、録音機材持ってるから、録音してお互いやっていこう」みたいな。「今後ちょっとやっていこう」みたいな。「そうだね」。
毎日とか会ったときは絶対1曲録音して高めていこうみたいな。これを機に、俺に1曲書くからって。すごいなと思って。
で、曲作ったんですね、彼は。結構良くできてた。「ああ、すごいいい曲できたね」「うん。ちょっと俺、持って帰って聴くわ」。
で、もう飽きてきたんでしょうね。2回目から。うん。2回目ちょっと人の曲を歌ってみようって。で、それ歌って。バラードだったの。フェイクとかもあるやつ。うん。
「ちょっとフェイクあるじゃん、後半の」「うん」って。「前半真面目に歌って、後半のフェイクあたりからすごい感情が抑えきれなくなっちゃったやつを録音しよう」みたいな。ギャグになってきちゃって(笑)
ウォー言った後、ウァァァァァー!みたいな(笑) ウワー!!みたいなことやってね。そっからもうそうやったりね、もう歌わなくなりましたね、後半。語り始めたり。

でね、後半はもうね、動画で撮ったりして。そういうのだけどんどん進化して、しかも真面目にやってるわけですからね。芝居で。
俺は友達だと思ってる。親友だと思ってる。けど、友達は俺のことがもう好きになっちゃったっていう設定とかね。だから、どんどんスキンシップが激しくなっていくっていうのを動画で撮りました。
で、無駄じゃないですか。ようは歌の練習をするのに何でそんなことしてんだって。でも無駄じゃなかったです。意外と芝居とかに活かされてるんです。ええ。
でもね、だから無駄じゃないんです。若いときのおふざけ。真剣にふざけてるとね、後で絶対ね、役に立ってるんですね。ええ。はい。
以上、大野智でした!

(BGM 「復活LOVE」)



いい話聞けた。端から見ても無駄なことでも、本人達にとっては大事なことなんだなと。
きっと、鮫島さんの演技は若い頃のおふざけが活かされることでしょう。
いきなりウワーって叫び出したり、スキンシップ激しかったりするかもしれない・・・ってそんな社長やだ(笑)



私の若いときの無駄は「仕事」。まぁ、無駄ではないのだけど・・・ってどっちだ(^_^;
自分に合ってるか疑問を持ちながらも、とりあえず働いてた。就職先があるだけありがたいんだって思いながらね。
(その結果、会社で倒れて辞めることになったのだけど。無茶はいかん)
社会人になって23年が経ち、人生の折り返し地点に差し掛かってきた最近、ようやく自分に合った仕事に辿り着きました。
まさか包丁を持つ仕事(飲食店)が向いてるなんて、自分でも思ってなかったんでビックリしてる。むしろ避けてたのでね(家庭科とか家事は苦手)

23年を振り返って、今まで就いた仕事(といっても3社しかないが)が無駄だったかといえば、そうではなくて。
その間に経験したことは今に活かされてるから、決して無駄じゃないです。
遠回りになっちゃったけど、今楽しく働ける場所を見つけたからいいや(^^)