読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/03/22

早くしゃべくり見たいなぁ。
(いや、メレンゲが先か?)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「名前は当人にとって最も快い最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れない」

これは、数々の自己啓発本を書いたアメリカの作家、デール・カーネギーさんがご自身の著書『人を動かす』の中で書かれた言葉です。
人間関係で他人の名前を覚えることは、とても重要であるということです。

リスナーのマキさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「大野くん、おはようございます。
名前といえば、『世界一難しい恋』で大野くんが演じる鮫島零治さんをどんなふうに呼ぼうか迷っています。
自分なりに考えてみた結果、「鮫島さん」「零治」「鮫ちゃん」「鮫っち」「鮫様」これくらいしか思いつきませんでした。
大野くん、どんなふうに呼んだらいいでしょうか?」

えーっ!?難しいな。でも僕、一応社長ですからね。鮫島社長でしょう(笑)
いや、呼び方は自由ですけどね。ええ。すごい名字ですよね、鮫島ってね。うん。

まぁ、もうね、撮影始まってると思われますよ(笑) ええ。ちょうど(笑) ええ。
まぁ、でもね、社長ですからね。ええ。もう社長ができる年齢になってきましたよ。ええ。35歳。
まぁ、でも僕ね、社長っぽくないからね。うん。だからね、逆にいいのかもよ。うん。と思ってます。そういうふうに解釈していかないと。ええ(笑)
まぁ、でもね、ホント今までにないね、ジャンルというか、ですけどね。まぁ、でも楽しみですけどね。ある意味。うん。
結構ね、読んだんですけどね、台本をね。まぁ、ラブっていう、ラブストーリー、ラブコメディですけど、やっぱりこの鮫島零治という人が成長していく過程がね、どんどん描かれているんで、それも結構見どころの1つになってるんじゃないかなと思いますね。うん。
だから、これね、女性が見ても、この鮫島零治はちょっと可愛らしい部分があったりね、っていうところが見どころでもあるかなと思うし、男性が見てもちょっと男性心としては共感得るところもあると思うのでね。ええ。
まぁね、ちょっと変わった男を演じますけど。ええ。まぁ、これがね、4月から始まるということで。

まぁ、ちょっとね、僕も2年ぶりなんでね、連続ドラマ。ええ。純粋に一生懸命やるっていう感覚です。ええ。
まぁ、変にキャラもね、そこまでね、『怪物くん』ほどね、乗せるものではないのでね。『死神くん』とか『怪物くん』とかね、あんまりキャラがない久々の人間役です。
なので、是非皆さんリラックスして見てください!
以上、大野智でした!

(BGM 「復活LOVE」)



「久々の人間役です」
これ言える人、なかなかいないと思うよ。人間以外の役ばっかり演じてるってことだもんね。
怪物とか死神とか、なかなか演じられるものではないし。あらためて、こいつすげーと思うのです。
(こいつとは何だ)
そんなわけで、恋愛がダメダメなちょっと変わった社長、楽しみです(^^)

鮫島さんの呼び方、私は今のところ「鮫島さん」ですね。
実際にドラマ見て呼び方変えるかもしれん。まだ分からんね。様子見。