読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/02/22

よい子のみんな、部活はサボっちゃいかんぞ!
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「野球でご飯は食べられないけれど、野球をやっていたことでご飯は食べられる」

おお。面白い。

これは、まず、リスナーのモモちゃんからのメールを読みます。
「大ちゃん、おはようございます。
この言葉は私の野球部の監督の言葉です。(一般人の言葉ですみません)
野球で将来ご飯を食べていける人は一握りしかいないけれど、野球をやっていたことで身につけた挨拶、礼儀、根性、熱意などは将来十分に役立つ、という意味で、マネージャーだった私の胸にも刺さった言葉です」

ほぉー!
いや、嬉しいですね、なんか。なかなかね、今まではね、一般の方の言葉を読んできてなかったですけど。今回、一般の方の言葉というか経験を元にした言葉ですね。
いい言葉ですね。確かに。なんかさ、野球じゃなくてもそういう他の面でね、礼儀から始まったりね、ありますからね。その野球の辛かったけども、根性、忍耐力がついたとかさ。それで今の仕事は結構乗り切れてる。根本はこの野球があったからっていうことだったりね。ええ。

僕もね、あるかね。僕は逆だね。例えば部活でいったら、僕はバドミントン部だったんですけど。まぁ、確かに頑張ってはいたんですけど。うん。
やっぱサボり癖がついていて。ええ。まぁ、2回ほど退部になりましてね。ええ。
え?同じ部を2回です。1回退部になって謝って戻り、また退部になり謝って戻ったんですけどね。
まぁ、でもね、その経験が今の仕事で活きましたからね。ええ。なんせ、言ったら笑いになったりするじゃないですか(笑) いいんだか悪いんだかは分かんないですけど。
「僕は昔、2回退部になったんだ」と。理由を聞いたら「ただサボり癖があったから」。で、周りのメンバーがツッコんで笑いにしてくれるというね。ええ(笑) 今の仕事に活きてますよ。ええ。とかね。
だから、昔ね、よくやってたから今はサボれないですからね。うん。あの頃だから、まだサボれた。サボっちゃいけないけども、あの頃だからまだサボれたかもしんない。若かったし。今サボったら問題になりますからね(笑) っていうことですよ。
だから、あの頃サボれて良かったんですよ。うん。だから、そういうふうに考えていくと、何でもね、いいんですよ。でも、ホントに意味があると思います、そういうのは。ええ。

なのでね、いや、だからね、こういう結構ね、ホント今までずーっと一般の方のね、今日の一言ってなかったですけどね。今後もこれどんどんやっていきたいですね。なんかすごく興味ありますね。うん。
自分の経験を元に、自分の言葉をね、ちょっと僕の口から紹介していきたいなと思いますね。ええ。応募どんどん待ってます!
以上、大野智でした!

(BGM 「GUTS!」)



ちと前の『VS嵐』で、大野くんが蓮佛美沙子さんに「2回退部になった」話をしたら驚いてたのを思い出したわ。
・・・いや、驚くというより引いたのかもしれん(笑)
私も初めて2回退部エピソードを知ったとき、「えっ、何それ」って思ったしね。2回退部になっても戻してもらえたって一体・・・。
部活の顧問の心が大西洋のように広かったんだろう。きっと。



経験が仕事に生きるといえば、最近、母に言われたんだよな。
「大変な経験をすると、後は頑張れるよね」って。
(母は私が前の職場で散々な目に遭ってたの、知ってるからさ・・・)

母の言うとおり、ホントそうです。前の職場での経験があったからこそ、今に活きてるんだなと思う。
多少のことがあっても、くじけないというか・・・。大したことじゃねえよって思うんだわ。
・・・まぁ、良い思い出は全くないし感謝なんかしたくないんだけど(大人げない)、ありがたい経験をしたと思うべきなんだろうか。辞めて2ヶ月近く経つというのに複雑な心境です。
まぁ、過ぎたことモヤモヤしてもしょうがないんで、今日も自分の場所で頑張ってきます!