読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/02/18

前髪を切りすぎた 前髪を切りすぎた♪

(文字起こして、この歌エンドレス)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「もし8時間木を切る時間を与えられたら、そのうち6時間を私は斧を研ぐ時間に使うだろう」

おお、深いですね。
これは、アメリカの第16代大統領、エイブラハム・リンカーンさんの言葉です。 
物事にはいきなりかかるより、じっくり準備して取り組めということですね。

リスナーのカズナリニノミヤさんから教えていただきました。
・・・ニノかな?んなわけないじゃないですか。メールを読みますと、
「大野くん、おはようございます。
切るといえば、最近、前髪を切るかとても悩んでいます。
友達や家族に聞いてみたところ、「切れ」と言う人もいれば「切るな」と言う人もいて全然決められません。
大野くんは切った方が良いと思いますか?」

あとね、もう1通来てるんですよ。ナツキさんから。
「大野くん、おはようございます。
私の学校は校則がとても厳しいです。毎月検査があって、前髪をおでこが出るくらいまで切らなくてはいけません。眉毛も全開です。
引っ掛かったら反省文なので、毎月泣く泣く前髪を切っています」

反省文って何書くの?「眉毛にかかっちゃってすみません」みたいなこと?大変や。
いやー、でもね、僕は切った方がいいと思うな。切らなかったら何も起こらないですよ。継続なだけで。切った方が見た目変わる。スッキリするし、人生が変わるかも分かんない。うん。僕は切る方がオススメするね。
あと、髪の毛洗うのが楽になる。うん。これは言えますよ。前髪だけでも変わる。ちょっと切っただけでもやっぱりさ、あれ?こんな早く終わったっけ、シャンプーとかさ、思うもん。

ちなみに僕はね、10年前ぐらいから約5年ぐらいは自分で切ってましたからね。ええ。ミスっても僕、当時髪の毛上げてたんで、立ててたんで、だからミスも気づかれないわけですよ。うん。
だからよくね、自分で切ってましたよ。10分ぐらいで終わりますからね。うん。
あとね、一時期前髪はパッツンにしてた時期があったんですよ。うん。それは眉毛上ぐらいまで。
そう、だから、ナツキさんと一緒。ようはお風呂上がりでも眉毛の上にあるからウザくなんないんです、逆に。逆にパッツンだから落ち着く。眉毛の上に完全被さってる感じ。落ち着くし、いいし。
で、まぁ、そのままテレビ出るとちょっと変だから、ワックスとかで上げちゃえば分かんないっていうね。あ、これナイスな髪型だなと思ってたんです。うん。
最近は伸びてます。ドラマの関係もあり。あんまり切らないで、ちょっと前髪上げるんですけど。ええ。あんまり切ってないですね。ええ。

僕が思うに、僕が女性だったら切る(笑) まぁ、結局切ります。
以上、大野智でした!

(BGM 「復活LOVE」)



髪の毛が伸びてる。
わたしゃ、髪の毛が長いと成瀬さんを思い出すのである。
そんで、『One Love』とか『truth』とか当時の映像が出る度に「いやぁぁぁぁ、成瀬さんよぉぉぉぉぉ[emoji:e-349]」って悶えるのである。罪な男だ。
(嫌なのか?)

悶えはさておき。
まぁ、長くて鬱陶しいよりは短くサッパリの方が好きなんで、私も切るに一票ですね。
案外切ったら新しい自分を発見!かもしれんし、そうでないかもしれん(どっちだよ)
・・・反省文書くよりはいいんじゃないだろうか。