たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/02/11

ちょっとだけ、閲覧注意。
(想像しなければ大丈夫。虫嫌いの私は大丈夫だったぞ)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「When spiders unite, they can tie up a lion.」

(読み終えて笑い転げる)
何今の、気持ち悪い(笑)
これは、アフリカ大陸の東に位置するエチオピア民主連邦共和国の格言です。
日本語に訳すと「蜘蛛も団結すればライオンを縛り上げることもできる」となります。
アフリカの角」と呼ばれるエチオピアは、およそ3000年以上にわたり、独立を維持しているアフリカ唯一の独立国で、かつてはアビシニアと呼ばれていました。

はぁ。蜘蛛で思い出したんですけど、普通の蜘蛛じゃない、でっかいタランチュラ。僕、タランチュラと一緒に仕事したことあるんです。1週間ぐらい。
鍵のかかった部屋』っていうドラマのときにね、タランチュラと仕事したんですけど。いやー、ねぇ、初めて見ましたけどね。いやー、こんな生き物がいるんだと思いましたね。

その撮影中はね、ずっと見てましたね。ようはね、基本はゆっくり動いてる。でね、餌は何かと申しますと、コオロギなんです。ええ。で、現場にコオロギがあるんですよ。
で、やっぱりみんな好奇心ですよ。「食べるとこ見れますか?」みたいな、浩市パパが言ったかな。佐藤浩市パパが。
「見れますよ」ってピンセットか何かでコオロギ、生きてますよ。コオロギを捕って、タランチュラが入ってる水槽にパッて入れた瞬間に、おとなしかったタランチュラがコオロギの上に覆い被さったわけ。ササササッって逃がさないって感じで。
そっから1時間、2時間ぐらいかな。ゆっくりとコオロギの中身を吸い取るんですよ。それがタランチュラの食べ方なんです。どんどんコオロギが萎んでいくんですよ。
それはまぁ、ある意味芸術的なんですけど。キレイに吸い上げて、全部。キレイにいただくなと思ってね。うん。みんなで「ご飯はあんまり残さないようにしようね」って話でまとまったんですけどね(笑)

いや、皆さんも一度は見た方がいいですよ。ああいうのは一応。いやー、あれはね、いい経験でした、だから逆に。ええ。もう1回見に行きたいですもん、正直。うん。
朝からね、ゾワゾワする話ししてすみませんね。ちょっと興奮してしまったもんで。
皆さん、ご飯は残さず食べましょう!
以上、大野智でした!

(BGM 「Face Down」)



ホント、朝からゾワゾワする話ですよ。建国記念日に何を話してるんだっていう(^_^;
今日のタイトル(ARASHI DISCOVERY・2016/02/11)に【閲覧注意】って書こうか一瞬悩んだじゃないか。
ま、タイトルに書くのはやめよう。書くほどでもないし大袈裟だしな。冒頭にちょこっと書いとく。

で、タランチュラがコオロギを美味しくいただいてるのを見て出た結論が「ご飯はあんまり残さないようにしようね」って一体。どんな結論なのか(笑)
そんなに食いっぷりが良かったのか、タランチュラ。気になる。



「ご飯を残さず食べましょう」で思い出した。
いつも外食するとき、残さずきちんと食べるよう心掛けてるのだけど。
飲食店で働くようになって(作る側になって)、その気持ちが強くなりました。
なんか、いつぞやのワクワク学校を思い出したな。相葉先生の授業を。