読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/02/10

チョコレート 食べ過ぎちゃって 鼻血ブー

(何の句なのか。そもそも句なのか)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「嫌々する労働はかえって人を老衰に導くが、自己の生命の表現として自主的にする労働はその生命も健康にする」

はぁ。
これは、「みだれ髪」などで有名な明治から昭和にかけて活躍した歌人与謝野晶子さんの言葉です。

リスナーのアオゾラさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「私はこの言葉を知って、嫌々でなく自主的に仕事をしなければと感じました。
大野さんは今まで嫌々した仕事ってありますか?」

・・・まぁ、いっぱいありますよ。若いときは。ええ。まぁ、デビュー当時なんかはね、「俺なんでこれやってんだろう」っていう気持ちでしたよ、とにかくね。そりゃ、しょうがないんですよ。ええ。まぁ、今はもう何もないですけど。

まぁ、でもね、いろんな仕事が続くと大変ですよね。やっぱり僕は基本、何かすごい仕事をしたら、ちょっと休みたい人なんですよ。
例えば舞台、1コ終わったら、ちょっと次、切り替えるために休みをちょっとほしいっていう人ですよね、僕は。
でも、中には役者さんでいろんな芝居を掛け持ちしてやってる方っているじゃないですか。俺、それすごいなと思って。
昔ね、大変だった舞台を終わってすぐに、深夜に放送されるミニドラマ見たいのを4週かなんかに渡って放送するんですけど。
まぁ、基本丸々1冊台本なんです、それはね。それを3日で覚えるってのがあって。急遽入って。もうそのときはね、ダメだったね。機能しない、頭が。そんで、延々徹夜でやったって頭に入ってこないし、何やっても頭入んない自分に腹立ってウワー!とかなっちゃうし。
妄動じゃないんだよね、たぶん。でも覚えなきゃいけない。で、ギリギリでやった記憶がありますけどね。
だからね、僕が芝居が例えば続くとたぶんダメなんですよ。まぁ、芝居だけじゃなくても、何かをやったら休憩したい人なんでしょうね、たぶん。ええ。
いや、だからね、役者の皆さんってすごいなと思いますよ。うん。まぁ、そういった意味でも、休みのときは1ヶ月もらえたりする人はするみたいですからね。うん。
やっぱ、そこまでね、立て続けでいろいろやって、休みのときは1ヶ月パッと休むっていうことができる方はいるみたいですね。うん。
まぁ、それもありだなとか思っちゃいますけどね。うん。まぁ、僕は無理ですけど(笑)

僕が役者だったらどうですかね?そんなわがまま言ってらんないじゃないですか、普通。もう来る仕事がありがたいんですから。うん。
でも、僕はそれでも休憩がほしいですね。切り替えられないのが辛いですけどね。だから、一番切り替えられるのは年明けかな。一番切り替わるね。
やっぱりまぁね、紅白とかジャニーズカウントダウンとかね、そういうイベントがね、たくさんやらせていただいてるから達成感がすごいんですよ。終わった後、「あ、終わった。1年終わった」っていうのがあるんですよね。
なんだかんだ、もう2月ですよね。早いっすね。ええ。さぁ、切り替えて次のイベントはバレンタインデーだ!(笑)
以上、大野智でした!

(BGM 「心の空」)



舞台終わってすぐに深夜のミニドラマ(4週)とは。
つまり、『TRUE WEST』からの『勝手にノスタルジー』でしょうか。それが真っ先に思い浮かんだのだけど。
まぁ、それだと思って話を進める。勝手に。

当時、私は「大野くんの演技が立て続けに見れるなんて素敵素敵!」って頭ん中お花畑になってたと思う。ようはイタい女だったわけ。今も大して変わらないけど(笑)
(そういえばあの時期、『四分の一の絆』もあったしね。ホント浮かれてた)
今こうして裏話を聞いて、感謝でいっぱいです。休憩挟まずにいろんな役を演じ続けたのだから。お疲れ様でした(^^)

バレンタインデーの後は、ドラマ撮影が始まるんだろうか。
楽しみに春を待ちますよ。鼻血対策をしながら(笑)