読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/02/02

今日も笑ってハッピーに!(^^)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「人はハッピーなときに最高の仕事ができる」

ああ。いいですね、ハッピーがやっぱり。
これは、『アパートの鍵貸します』や『お熱いのがお好き』などで知られるアメリカの映画監督、ビリー・ワイルダーさんの言葉です。
ビリー・ワイルダー監督は、アカデミー賞の監督賞や脚本賞に何度もノミネートされ、その中から『失われた週末』や『サンセット大通り』『アパートの鍵貸します』で実際に賞を受賞されています。

おお。ハッピーですか、皆さん。ねぇ。
いやー、ねぇ、僕ちょっとハッピーありましたね。
めーとね。何つった、今(笑)
(※「えーとね」と言いたかったのかも。たぶん)
1週間前くらいかな、たぶん。これ見たいなってずっと思ってた映画がやっと見れたんですよ。それは何かと申しますと、『ドラゴンボールZ 復活の「F」』。ようやく見れまして。
やっぱりね、僕、フリーザと悟空が好きでね。やっぱりね、フリーザ出てくると、もう拍手しちゃったよね(笑) 「よっ!」って1人で。ええ。
いやー、やっぱね、興奮した。うん。でね、ちょっとやっぱね、フリーザがね、第3の変身にいきなりなるんですよ。最後の白いフリーザ。ポン!ってなる。
そっからね、フリーザがね、金色になるんですけどね、また拍手したよね。「うわ、すごいな」って。うん。

あれがね、僕、小学校5、6年生のときにずっと『ドラゴンボール』の絵を描いててね。うん。僕が小学校戻れるなら、たぶん金色のフリーザをすぐ描いてたなとか思ってね。
まぁ、今描いてもいいんですけどね。うん。いやー、でもね、かっこよかったなー。やっぱりね、いいね。フリーザと悟空の戦いってのはね。うん。
僕ね、だって実家帰るとね、『ドラゴンボール』のマンガ並んでるんですよ。で、好きだった巻だけ見たりしますもん。家帰って。そんだけ好きなの。

やっぱりね、フリーザと悟空の対決の、悟空が初めてスーパーサイヤ人になるときのとこ!もうあそこがね、何回見てもいいね。うん。
で、親友のクリリンが爆発しちゃうんですけど。そこでもう悟空がキレるんですけどね。そのときになったスーパーサイヤ人のね、髪の毛がね、金色になるっていう、この発想ね。
もうね、鳥山明先生は素晴らしいですよ。うん。なかなかそういう発想にいかないと思うんですよ。ええ。
あと、スーパーサイヤ人になったときの、ずーっと気が周りについてるやつね。あれとかね、熱いのかなとか思うもんね。うん。
かめはめ波って熱いのかな?とか。でも、かめはめ波って青なんだよね。だから冷たいのかな?とかさ。想像させてくれるよね、ホントに。

これからもどんどんね、『ドラゴンボール』新しいのね、先生、描いてください。ええ。期待してますよ、ホントに。いつかね、ベジータと悟空の対決が見たいですね。
以上、大野智でした!

(BGM 「復活LOVE」「日本よいとこ摩訶不思議」)



「ハッピーですか、皆さん」
って問いかけてる本人が一番ハッピーだった今日のトークでした。
どこからどう聞いてもハッピーでしょ、これは。見たかった映画をやっと見れて、その感想を述べてるのだから。
これをハッピーと言わずして、何と言うのか。



大野くんに問いかけられたんで答えると、私はハッピーですよ。
時々「んん?」って出来事もありますが、「ま、そういうこともあるよねー」って割り切っていけるので。
パワハラと嫌がらせに比べたら、全然マシですよ。くどいようですが、ホントに。

「人はハッピーなときに最高の仕事ができる」ってホントそうで・・・。
今の仕事に就いて、明後日で1ヶ月。1週間前にお店がオープンして、連日大盛況です。
サラダや惣菜を作ってて思う。やっぱり心に余裕がないと、いい仕事はできないな、と。
ギスギスした気持ちで作った物なんて、美味しくないもんな。私が客なら、そんなもん金払って食いたくないし。
たとえ忙しくても、心のゆとりまで失わないように。あと、お客さんの気持ちも忘れないように。今日もいろいろ作ってきます!(^^)