たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/01/19

10年後にはブレイクダンスしてるかもしれん。たぶん。
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「継往開来」

分からないですけど、いい言葉ですね(笑)
これは、過去のものを継承し、それを発展させながら将来を開拓していくことを意味する四字熟語です。
継往は継続の継、継ぐという字に往復の往と書いて、開来は開くという字に未来の来という字を書きますね。

厚木市のリスナー、ユミさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「『ジャニーズカウントダウン』での東山(紀之)さんのコラボすごかった。かっこよかったですよ!
智くんも負けずに、50歳になってもロンダート&バク宙目指してください。
春ドラマも楽しみにしています」

ええ。いやー、見ました?あの東山紀之という人物は化けもんですよ!俺ビックリしたもん。
去年のね、『ジャニーズカウントダウン』、僕は東山紀之さんとコラボしたんですよ。『日本よいとこ摩訶不思議』という曲をですね、東山さんとやったんですけどね。
リハーサル室で東山さんと振りを合わせたりね、やってるときに「大野、これイントロ何やってたんだ?」って言われて。嵐がライブでやってたとき。「ここはどうやってやってたんだ?」って。
「ああ、僕はニノとアクロバットで交差してました」って言ったら東山さんが「あ、そうか」って言ったら、その辺りを歩き始め。なんか考えてる風なんです。「どうしました?」って言ったら「いや、やろうか迷ってんだ」って。「えっ!?いやいやいやいや、無理はやめましょうよ」って。ええ。
その後のかっこいい言葉「いや、やったら盛り上がるだろう」。言えますか、この言葉。まず自分の身体をね、考えるのに。
だって、聞いたら十何年ぶりだって。で、やるってことになって。「じゃあ1回ステージでリハーサルあるから、そのとき1回やってみるわ」って言って。
そんで、リハーサルでやったあとの言葉「できた」って言って(笑) もうね、すごくないですか?いや、できなかったらどうしてたんだろうって思いながら。
50歳ですよ。ロンダート、バク宙やっちゃうんですよ。いや、もうね、ホントにね、すごいなと思った。敵いませんよ。
いやー、でもね、まぁ、貴重な体験ですよ。もうずっとね、バックで踊らせてもらった東山先輩ですからね。まさかね、同じ位置でコラボで、しかもロンダート、バク転、交差なんてホントある意味、夢叶ったなって感じですね。

あと、『アンダルシア(に憧れて)』も僕ね、なんであのメンツの中に僕がいたんだろう?って話なんですよ。
東山さんはやってるじゃないですか。(堂本)光一くんだってさ、『SHOCK』とかでやってたりさ。(今井)翼もやってるじゃない。俺、別にやったことないのにさ(笑)
あの豪華なメンツの中に入り込んでしまってるんだよね。いや、ビックリしましたけどね。ええ。
なかなか、だからね、『ジャニーズカウントダウン』って、こういうコラボとか、なかなか見れないものが見れるんでね、やってても楽しいし、見てる人も楽しいと思うんですよ。ええ。
まぁ、今年ももしあったら是非ともね、またやりたいですね。はい。今年も一年頑張ります!
以上、大野智でした!

(BGM 「日本よいとこ摩訶不思議」「愛を叫べ」)



豪華なメンツに入り込んでいいのかって?
いいんです!(Ⓒ川平慈英
・・・ただこれが言いたかった(笑)

悪ふざけともかく、いいと思うんです。っていうか、見たいんですよ。そういうのを。
「えっ、この人がこの曲歌うの?あの人とこの人がコラボなの?意外!」って楽しむのがカウントダウンじゃないかと。私はそう思ってます。

大野くんと東山先輩のコラボはホント良かったね。新年早々いいもん見た(*´∀`)
大野くんが東山先輩のことを化けもん呼ばわりしてたけど、ホントそうですよ。
私、東山先輩のこと「あいつタダもんじゃねえな」って普段から思ってるし。
(あいつとは何だ)
50歳の時点でああでしょ。10年後はどうなってるんだろう。もっと進化してたらどうするどうする。楽しみだわ。