読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2016/01/18

ネタは小出しにね。
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「No, try not. Do, or do not. There is no try.」

完璧!(キッパリ)
これは、映画『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』でジェダイ・マスターのヨーダが、「やってみるよ」と弱気になっている主人公、ルーク・スカイウォーカーに向かって言うセリフです。
日本語に訳すと「違う。「やってみる」ではダメだ。「やる」か「やらない」かだけだ。「やってみる」はないんだ」となりますね。

ええ。いい言葉ですね、これね。ええ。
さぁね、『スター・ウォーズ』といえば、まぁ、ちょっとあらためて、あけましておめでとうございます。ええ。あけましたよ(笑) ええ。
いや、そうですよ。『スター・ウォーズ』と僕ら嵐はですね、『紅白歌合戦』でね、ちょっとコラボいたしまして。
まぁ、なかなかできない貴重な体験ですよ。ええ。ライトセーバー持って。ええ。5人でやりましたけどね。うん。いやー、面白かったですけど、あっという間でしたね。

なんかね、まぁ、司会ではなかったんで、31日、まず朝、『ジャニーズカウントダウン』のリハーサルやって。それが昼くらいまであったのかな。
で、そっからNHKに4時過ぎ入りぐらいだったんですよ。4時間ぐらい空くと。
今まで『紅白歌合戦』司会やらせてもらってたんで、空きなんか絶対なかったんですよ。だから、今回6年ぶりくらいに空きができて。あら、どうしようって思って。
寝ようか寝ないか迷ったの。寝ても良かったんですけど、とりあえず一旦、家帰ろうと。いつも年明けに掃除とかなってしまうじゃないですか。年末、大掃除がなかなかね。立て続けに仕事が続いてるんで、できないなぁと思って。でも、ここ空いた!と思って。今だ!と思って。年明けはゆっくりと、掃除もしないで過ごせるなと思って。今だ!と思ってね、3時間ね、もうぶっ通しでやったんですよ。ええ。それでNHK入ったもんだからね、疲れちゃってね(笑) あの隙間、貴重でしたね。
そう、身も心もスッキリ状態で、あのライトセーバー振ってましたからね、ワタクシ。ええ。そんで、年明けてホントスッキリ。
いや、だからすごい良かったです。あの空き時間。中空き。完璧な年末、そして年始でしたね。ええ。素敵な感じで。

まぁ、仕事もスタートしましたけど、もう既にね、嵐は活動してますよ。嵐ニューシングルリリースです!(拍手)
はい。もう早速です。これがですね、2月24日(水)に発売。タイトル『復活LOVE』。作詞・竹内まりやさん、作曲・編曲・山下達郎さん。どうですか。ご夫婦ですよ。
いや、このときね、レコーディングのときね、山下達郎さんに。まぁ、ちょっとこの話はリリース近くなったらね、追々話したいと思います。
以上、大野智でした!

(BGM 「愛を叫べ」)



わたしゃ、『スター・ウォーズ』のことはよく知らん(つーか、あんまり興味ない)のだが、紅白見ながら「なんかすげーな」って思ってました。
とにかくすげーコラボだってことは分かった。うん。

ホントね、『スター・ウォーズ』効果ってすごいと思ったのよ。
年末に娘と『妖怪ウォッチ2』を見に行ったのだけど、映画館(シネコン)のロビーがカオスになってまして。
『アナ雪』が上映されてた頃を思い出しました。あのときもロビーがカオスだったな、と。
(ちなみにそのときは、『クレヨンしんちゃん』を見に行った。ちょうど『コナン』の上映が始まって間もなかったのもある)

映画館の話はさておき。
嵐さんのニューシングル発売で、しかも作詞作曲が豪華でビックリ!
一体どんな曲なんだろう。気になるじゃないの。
で、更に気になるのが「いや、このときね、レコーディングのときね、山下達郎さんに」って言いかけてやめたことですよ。何を言おうとしたんだ、奴は。
(奴はやめなさいよ)
こうやってネタを小出しにして引っ張る戦法なんでしょうか。
ちょっとムカつくけど大好きです(歪みまくりの愛)