読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/12/30

とにかく、頑張りましょ。
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「The great composer does not set to work because he is inspired, but becomes inspired because he is walking.」

どうですか、皆さん。これね、英語なんですよ。ええ。
これは、イギリスの音楽評論家、アーネスト・ニューマンさんの言葉です。
日本語に訳すと「偉大な作曲家達は意欲がわいたから作曲に取り組んだのではなく、作曲に取り組んだから意欲がわいたのだ」となります。

おお、なるほど。
「やる気が起きないなー。やる気が出たら始めるか」ではなく、「とりあえずやろう!」と言って、そのことに取り組んでいったらどんどん良いものが生まれてくるということです。
その物事に取り組める環境にいない人もいますから、まずはその物事に取り組める環境にいられる人はそのことに感謝ですよね。ええ。

いやー、でもね、まさにね、このラジオかもしれない。
まぁ、例えば今日は、今日の一言についてフリートークなんですけど、そのフリートークをちょっとまぁ、考えるんです。どういうこと話そうかなと思って考えてる時あるんですよ。まぁ、思いつかないときは、ずっとちょっと考えて。「ちょっと待って」って考えて。
で、出ないときあるんです。何も(笑) あるよね。うん。でも、ずっと考えて。まぁね、スタッフさんがいろいろアドバイスくれて。でも、なんか出てこないときは、「うん。とりあえずやろう」って始まって(笑) でも、なんか出てくるんです。
最近よく出てくるよね。うん。一時はね、出てこなくて「もういいや。とりあえずやってみよう」と。あと昔「ちょっと後回ししよう」と。でも最近は「やってみよう」ってなる。ちょっと前「やってみよう」ってやったら何にも出てこないときあったよね。「やっぱ出てこないわ」って。うん。そういうときもありましたけどね。最近は出てきますよ。
だからね、この言葉、このラジオにピッタリなんですよ。

あのね、後回し考えたんですけど、後回しすると絶対に頭ん中で「あっ、あれがある」って思っちゃうから。だからダメなんです。だから、そういうのは先にやる。で、とりあえず分かんない、やってみようと。
で、なんかいろいろ話してるうちに思い出してきて。で、盛り上がるんですよ。うん。っていう日はありますね。
だから、この言葉はね、ちょっとね、僕のラジオに通ずるものがあるんですよね。うん。だって、やる気起きないなじゃないね、これ。「ああ、何も浮かばないな。何話すか分かんないな浮かんだらやるか」じゃなく。「よし、ちょっとやってみよう」って言ってね。
そんで、スタッフの人も「うん、じゃあやってみよう」って。そうしたら盛り上がるんですよね。面白いですね、ホントに。
だからね、あんまり考えすぎずやった方がいいときもあるということを、ワタクシは伝えたかった。うん。このラジオを通じて。ねっ。
(栗ちゃんウケる)
だから皆さんもね、とりあえずやってみましょう!
以上、大野智でした!

(BGM 「Make a wish」)



今日(っていうか、書いてる時点で昨日だけど・・・)のトークで少し元気が出ました。
「あんまり考えすぎずやった方がいいときもある」って言葉に励まされました。
まぁ、一方的ではありますが、私は嬉しかったのです。ありがとう。
そして、いつも楽しいトークで盛り上げてくれる大野くんに感謝です。

私事でありますが、正直先が不安なんですね。職場が変わって、これからどうなるんだろうって。
自分で決めたことなんだけど、怖じ気づいてるというか・・・。とにかくやるしかないのだけど。
複雑な感情が入り交じってる中でも、楽しいことが一つでもあれば明るくなれる。前述の言葉を聞いて、前を向いて頑張ろうと思うのです。
どうも年越しを前に感傷的なんですかね。ははは・・・。