読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/12/08(内容のみ)

直感が 外れることも あるのよね

(何の句なのか。そもそも句なのか)
(面接、いい結果が出ると信じてたんだけどね・・・)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「"It's impossible" said pride. "It's risky" said experience. "It's pointless" said reason. "give it a try" whispered the heart.」

もう今日はむちゃくちゃだね(笑) 難しい、英語は。
これは、日本語に訳すと「「できるわけない。不可能だ」とプライドが言った。「危険だ」と経験が言った。「無意味だ」と理性が言った。「やってみれば」とハートは囁いた」となります。
この言葉は詠み人知らずということで誰の言葉かは分かりませんが、直感でピンときたものに従ってみるのも大事だということですかね。

いや、だからね、僕、ブルース・リー好きでしょ。彼は亡くなったのがね、32、3(歳)ですよ。もう僕とほぼ変わらないじゃないですか。それですごい言葉を、名言をいっぱい遺してるのがすげえなと思って。
直感っていうか、「考えるな、感じろ」とかさ。すごくないですか。まだ30ちょいの人がそういういろんな言葉を、名言を遺せるってことが、もうどんだけすごいことを三十何年間やってきちゃったんだってことにも通ずるじゃないですか。うん。
だから、すごいなと思って。うん。

いや、最近ね、よく見るもん。動画。なんだろう、ずっと見ちゃう。楽しいんだよね。
ブルース・リーの映画じゃない、表に出てない映像とかを探し出すのがすきなの。
もう結構見ちゃったんだけど、インタビュー受けてるブルース・リーとか。前にも言った、ビデオカメラ回した面接のとかも表に出てないものじゃないですか。
あと、空手の世界のなんか選手権みたいなとこで武術教えてるブルース・リーの映像とか、結構粗いけど、画像。
いや、でもね、そういうの見てるとね、やっぱりこの人すごいんだってのが分かるのよ。ずーっと見てしまうんだよね。うん。
知ってます?ブルース・リーの笑った顔、めちゃめちゃ可愛いから。知らないかもしれないけど(笑) 映画でも見れますよ。うん。もうすっごいクシャクシャってなるからね。いや、いいですよ、ホントに。うん。

いや、今、生きていたら75歳か。いやー、今、生きてて75歳でもバリバリ動けてそうだよね。うん。絶対衰えたくない人だと思うんですよ。だから、すごい俊敏な動きとか全然できる気がするんだよね。
やっぱりね、そう、ブルース・リー先生みたいにね、直感で。直感っていうか、もうね、考えてもしょうがないと。うん。感じろと。感じて動けということですよ。やろう。
じゃあ、まず、感じることから学びます。
以上、大野智でした!

(BGM 「愛を叫べ」)