読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/10/08

「だっふんだ」とか言うから、『だいじょぶだぁ』が見たくなったじゃないか。
毎週見てたなー(遠い目)

(もう再放送は無理なんだろうね、いろんな事情で・・・)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「晴れてよし曇りてもよし富士の山もとの姿は変わらざりけり」

ああ。
これは、幕末から明治時代にかけて活躍した剣術家であり政治家の山岡鉄舟さんの言葉です。
富士山がどんな天候でも変わる姿を見せているように、人もどんな環境であっても自分を見失わず自分らしく生きていけばいいということですね。
いっぱい失敗しても経験ですから。恥ずかしい思いはいっぱいしましょうということですよ。

さぁ、ということでですね、恥ずかしいといえば、先日募集しましたね。謎の失敗ネタ。うん。いただいてます。また来ましたんで紹介しましょう。
カホさんから。
「私はつい先日までマッハより速いのがマッパだと思っていて、学校の友達と話しているとき、「急いで来て」という意味で「マッパで走ってきて」と言ったらクラスの大半がキョトンとなり、正しい意味を丁寧に説明してもらったことがありました。
しかも、マッハは「マックス速い」の略だと思っていたので、クラスのみんなに笑われ恥ずかしかったです」

なるほどね(笑)
そうなんだよね。自分で勝手に思って大きい声で言っちゃったりしたときのね、恥ずかしさったらないよね。
まぁ、でも確かにマックス速いって面白いね(笑) パンチあるね(笑)

さぁ、続いて、コロさんから。
「大ちゃん、おはようございます。
私の恥ずかしい体験は子供とエレベーターに乗ったときのことです。
静かなエレベーターの中、その緊張感に耐えられなくなったうちの子供が「だっふんだ!」と連発し始めたことです。
静けさに往年の逆が響き渡り、中に居合わせた人達は聞いてないふりを全力で演じてました。あれは未だに恥ずかしい罰ゲームの数分間でした」

なるほど。分かるな。でも、子供って敏感なんだよね、ああいうの。耐えられなくなるじゃん、たぶん。
僕はね、一人でエレベーター乗って、で、ドア閉まって全然着かないなと思って。パッて見たら何も押してなかったときあるね。うん(笑)
あと、エレベーター乗って言うのかな、最初に乗ってた人って「何階ですか?」。あれ言った方がいいのかな?難しいとこなんだよ。
僕が例えば先に乗っててね、例えば後から入ってきてボタンに近いから思うんだけど、言えないんだよね(笑)
バレたくないってのもある。でも、若干向かなきゃダメじゃん、後ろ。「何階ですか?」って。それがちょっとね、恐怖心なんです。ちょっと黙ってしまう。で、ちょっとボタンから下がってしまう。
なんだろう、ビビりすぎなのかね、そういうの(笑)、って感じかな。
以上、大野智でした!

(BGM 「Sakura」)



そうか、バレたくないか。密室だから、恐怖心倍増なんでしょうか。
バレたくなかったらアゴの出番ですよ。得意の。まずはしゃくれてみよう。
あと、美玲ちゃんみたいにカタコトで話すとかね。
オドオドしてるとかえって怪しいので、そこは堂々としゃくれて「ナンカイデスカ?」って言えばいいと思うよ。超他人事なアドバイス(笑)

「自分を見失わず自分らしく生きていけばいい」
「いっぱい失敗しても経験ですから。恥ずかしい思いはいっぱいしましょうということですよ」

という言葉に、朝から元気をもらいました。
今日も頑張っていこう!(^^)