読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/09/15

刺身が食べたい、美味しいワサビで。

(鼻にツンとこないやつでね)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「人間は川のようなものだ。水はどんな川でも同じことで、どこへいっても変わりないが川、そのものには細流もあれば急流もあり、また大河あり、水澄んだものあり、濁るものあり、冷たいもの、温かいものありという具合だ。
人間もまさにこれである」


これは、『戦争と平和』『アンナカレーニナ』で知られるロシアの文豪、トルストイさんの言葉です。
川にはそれぞれいろんな性質、表情があり、それぞれが合流したり共存して自然を作り上げている。
人間も同じように、様々な人が共存して社会を、そして世界を作り上げるべきなのかもしれません。

ねっ(笑) はい。
いやー、でもね、いいですよね、川。僕、海ばっか行きますが、川も好きですからね、基本的に。山奥の川とかはあんまりちょっと怖い。クマがいるんでね。クマがいない川だったら僕は好きですね。安心して川で遊べますけどもね。
いや、昔よく遊んでましたよ。実家から自転車で2、30分走ったところにね、いい感じのね、でっかい川じゃないんですけど。うん。小さい川でね、池みたいな感じのところもあれば、流れてるところもあったり、沼のところもあったりでね。
まぁ、なんでよく行ってたかって、ザリガニ捕りに行ってましたね。でもね、いる時期といない時期があってね。ええ。で、先に捕られたとかもあるんですよ。
「あ、もうこれ先捕られた。もう帰ろう」ってときもありましたね。ええ(笑) 結構朝行くのが一番いいんですけどね。ええ。
いやー、でもね、その中でもね、1回オタマジャクシだらけ事件っていうのがあってね。いや、すごいのよ。池全部オタマジャクシのときがあったの。もうね、すくえばすくう程すくえるっていう。あれはね、ちょっと持って帰ったけど、まぁやっぱ育てきれなかったね。残念ながら。ええ。いや、だから結構その川ね、いろんなことがあったね。
ザリガニってでも最近見ないでしょ。川で。時代は変わったのかな?俺だから最近見ないから、ちょっと、まぁいつか分かんないけど、よく行ってた川に行きたいんだよ。あるのかな?
昔は広く感じたの、その川。あってほしいんだよね。でね、その川があって、もう汚い沼みたいなところがあるの。で、それをちょっと過ぎて、その奥すっごいきれいな水なの。
で、なんでここだけきれいな水なんだろう?と思ったら、よーく見たら、ワサビが育ってた。あっ、だからきれいなんだって思った。あ、ここにはザリガニいないなと思って。うん。それ覚えてんだよね。
いや、だからね、ワサビ探しに行きたいのよ。究極。あそこのワサビをね、ちょっといただきたいなと(笑)、思っておりますけどもね。いつか行きたいと思います。
以上、大野智でした!

(BGM 「愛を叫べ」)



ちょっと一言よろしいかしら。

ザリガニが目当てじゃないのかよっ!

ねぇ、散々ザリガニのこと話して、結局ワサビが目当てだったっていう。
っていうか、ワサビ生えてたとして、それ取っていいんだろうか。
もしかしたら誰か育ててる説はないのか。細かいことが気になるワタクシである。

川と言えば、一昨日の『ザ!鉄腕!DASH!!』。多摩川でなんだかんだやってたら、絶滅危惧種を発見したってやつ。ビックリしたよ。
アユも気になったしね。美味しいもんね、アユ。食うことばっか(笑)