たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/08/31

もう鼻に何か突っ込んじゃダメよ。
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「生徒の学ぶ意欲を高揚させずに教え込もうとする教師は、冷たい鉄を槌打っているに過ぎない」

これは、アメリカの教育改革者、ホーレス・マンさんの言葉です。
槌打つの槌はハンマー。ハンマー、トンカチとか、何かを打ちつけたりする工具のことです。
鉄で何かを作り上げるときは、鉄を熱してからハンマーを打ちつけます。それと同じように人に何かを教えるときは、その人の気持ちをホットホットにさせなければいけないということですね。

まぁ、確かにそうですね。
今ね、久々にハンマーだのね、トンカチだの聞くとね、真っ先に思い出したんですけど、『嵐にしやがれ』の僕の『(大野智の)作ってみよう』企画のロケ思い出しましたね。
ちょっと前にV6のリーダーです、坂本(昌行)くんとですね、2人でロケしたの思い出しましたね。
いやー、何作ったって、風呂作りましたからね。ドラム缶2つ。あっ、3つか、あれ。3つ繋ぎ合わせてですよ。
言ったんですけどね、「ドラム缶2つで別々に入れば話早いじゃん」って。それの何が面白いんだと。まぁ、確かにってことなんですけど(笑)
いや、まずね、あのね、ドラム缶をね、あれ蓋外せるわけじゃなくて。もう缶詰みたいに切るんですよ。
だから、ノミをトンカチで打って缶詰開けるみたいな感じ。でも、あんな一気に缶詰みたいにいかないんですよ。地道なんですけどね。
いやー、辛いですけど、僕ね、たぶんね、その前にホラ貝切ったりだの、なんかいろいろ地道なことやってきたから、まぁ、ちょっと慣れてんでしょうね。
坂本くんがちょっとビックリしてましたね。「え?これって途中まで取れたら、スタッフさんか職人さんがやってくれんじゃないの?」みたいなことを言ってらして。「いや、誰も手伝わないですよ」って。いや、ホントビックリしてましたね。
いやー、でも貴重なホント。坂本くんとロケなんて初めてだし、貴重な時間でしたね。
で、最後にね、連絡先をね、交換したんです。
いや、最後ね、2人でドラム缶のお風呂入って語るところあったんですけど、カットされてたんですけど、「今度飲み行きましょうよ」みたいな。「リーダー会みたいのしましょう」みたいなこと。「連絡先を後で」とか言ってたんです。
で、テレビ上だけっていうの嫌だったんで、ロケ終わって「番号教えてください」って行きましたよ。「今日ありがとう。楽しかったよ」みたいな、先輩からのすぐメール入ってですね。「飲み行きましょうね」って。
あれからね、どんくらい日にちが経ったのかな。待ってます、僕は。僕からはいかないです!
先輩、坂本先輩、僕から声を掛けるのはちょっと申し訳ないです。僕、待ってます。先輩、待ってますから!
以上、大野智でした!

(BGM 「夏の終わりに想うこと」)



鉄を打つといえば、『大野智の作ってみよう』。解説を聞いて、真っ先に頭に浮かびました。
一昨日の『しやがれ』では布で何だかんだやってましたけどね。これまた熱そうで・・・。

しかしですよ。一昨日の『しやがれ』に関しては、おしぼりを鼻に突っ込んでたのが一番のツボでしたね。
あまりにもさりげなくて(?)「ああ、鼻になんか突っ込んでるわ」程度に見てたんだけど、よく考えたらとんでもないことやってるじゃありませんか。
いやいやいや・・・。

正直、ちょっと引いてたんですが、「今まで鼻ほじってたことあるし、鼻おしぼりなんて大した問題じゃないわ」って思う自分がいました。
・・・いや、大問題だな。いかんいかん。慣れって怖い(笑)