たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/07/27

そうか、『Vの炎』から20年か。

(当時、妹がリアルタイムで見てた。私はこのとき飛び飛びで見てたから話が分かってなくて。8年後にレンタルビデオを借りて、ちゃんと見たのでした)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「誰も見てないように踊れ。誰も聞いてないかのように歌え。かつて傷ついたことがないように人を愛せ。お金など要らないかのように働け。この世は天国かのように生きろ」

おお、いい言葉ですね。
これは、トムソーヤの冒険を書いた、マーク・トウェインさんの言葉だそうです。
脇目も振らず、伸び伸びとがむしゃらに物事に取り組めということですね。ええ。

リスナーのアコさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「これを聞いたとき、Jr.でバックダンサーの大野くんが頭に浮かんできました。
観る人に全く媚びず無心に踊って、その圧倒的なダンスで観る者を惹きつける大野くんってすごいです。
V6のバックダンサー楽しみにしてます」

褒めすぎやで(笑)
いや、でもね、そうだよね。『VS嵐』でV6と勝負したんですけど。面白いもんですね。いきなり曲かかっても、嵐5人やっぱV6のね、バックダンサーずっとやってたんで、いきなり曲かかってもできるもんですね。
やっぱりね、そんだけ踊ったんだね、と思う。うん。やっぱあの6人が揃うとね、やっぱ嵐的にはね、感動するのよ。もう青春なんですよね。うん。僕らにとっちゃV6さんは。
すごい良くしてくれたイメージがあって。まぁ、ツアー中とかもね。うん。面白いのがね、当時はね、夏休みのときかな。まぁ、ツアーで回ってるんですよ、一緒に。
例えば、まぁ、大阪城ホールとかで。でね、キンキの2人がまず1日目をやるんですね。で、キンキはもう帰るんですね。そんで、2日目、V6がライブをやる。で、終わって、3日目、カミセンがやって。で、4日目、トニセンがやるとか。もうそういう感じだったんだよね。
だからね、ジャニーズJr.忙しかったからね。ジャニーズJr.出っぱなしだから。いや、もうね、覚えること山ほどあったからね。
もう、だいぶ前からリハーサルやるんだけども、やっぱりね、時間はない中で、まずキンキさんの初日の前に会場入ってリハーサルです。
で、キンキさん本番終わって帰りますよね。僕らは残って、V6さんがリハーサルしに来るんです。そんで次の日。もう、それを4回繰り返す。だから頭パンパンですよ。
だから、相葉ちゃんはJr.のときに進行表の紙を本番中に見ながらやるっていう。そんで振り付け師に怒られるっていう。いや、そんだけやっぱパンパンだった、頭が。よくやってたなと思うよね。うん。
まぁ、でもね、今年ね、20周年ということでね。うん。コンサートも行きたいですよね。うん。絶対泣くかもね(笑) 感動しちゃいそうじゃない?僕の20年でもあるからね。うん。だからね(笑)、まぁ楽しみですね。はい。
以上、大野智でした!

(BGM V6「TAKE ME HIGHER」)



今日は文字起こしながら「あれ?『TAKE ME HIGHER』のイントロだな。V6の話かな??」と思ったらそのとおりでした。
VS嵐』で兄さんと対戦した回、ダンスが見れて良かったよ。最後、嵐さん負けてバックダンサーやることになったけど、私的には兄さんがJr.の衣装を着るのも見たかった(笑)

あと、今日はJr.時代の話が聞けて満足でした。Jr.は大忙しなんだね。
大野くんが頭パンパンの中、相葉ちゃんも悪戦苦闘してたわけだ。ある意味カンニングだけど(^_^;
最近、ジャニーズJr.というと、ジャガーズが思い浮かぶんだな。濡れた床を拭いたり、安全装置をつけるとか、ああいうものまねが。
すごくジャニーズ好きなの伝わってくる。愛ですね(しみじみ)