たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/06/29

急に雨が降り出したときに使う傘とかけまして、自宅に届いた嵐さんの封筒(会報やチケット)ととく。
その心は、急いで開くんです(ドヤ顔)

(ドームツアーのお知らせ、早く届かないかな)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「晴れた日は晴れを愛し、雨の日は雨を愛す。楽しみあるところに楽しみ、楽しみなきところに楽しむ」

おお、いい言葉。前向きですね。いいですね。
これは、大正から昭和にかけて活躍した横浜生まれの国民文学作家、吉川英治さんの言葉です。
吉川さんは「宮本武蔵」「三国志」など生涯に短編長編合わせておよそ240作品を世に残しました。

すごいね!ええ。
リスナーのハナさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「私は梅雨が来ると思うと憂鬱です。
大野くん的雨の日の楽しみや、大野くんの雨の日の素敵な思い出があれば教えてください」

おお。まぁね、晴れた方がいいけど、晴れが続いたら~雨も欲しいやん。ってことやん。
まぁね・・・皆さんは傘ってどうしてます?普通のビニール傘もあれば、ちょっと凝ってる傘を使うのか、あとは折り畳みを使うのか。男の方なんかはビニール傘が多いでしょうね。まぁ、女性なんかはちょっとね、デザインされたね、可愛い傘とかもあるんで、そっちかな?
折り畳みは使ってるかな?僕ね、折り畳みの方が絶対いいと思うんだよね。だって、今日、雨降るかも降んないかもってとき、わざわざ傘持ってくのもしんどいときあるじゃない。だったら折り畳み1個バッグに入れとけば、かさばらないし、と思いませんか?傘だけど、かさばらないし。
(スタッフに向かって)・・・何で言わせたの、今(笑) 思いついたらすぐ言うのやめてくれる?(笑) ええ。
だからね、僕はね、折り畳み派ですね。まぁ、最近ね、傘持つことがほぼないですけど、傘は折り畳み、ずっとバッグに入ってましたよ。僕はいつも黒か紺でしたね。
まぁ、でも、ちょっと折り畳みの方が小っちゃいのかな。でも、ビニール傘もあれも意外と風強いと危ないですからね。ビニールだけ飛んでいくことがあるから。
僕ね、1回Jr.のときね、京都で一緒にやってたJr.の人と、いきなり雨が降って。僕は折り畳みだったの。そんで彼が「やべえ、雨だ」って。「コンビニでビニール傘買う」って。買ってビニール傘開けてセットした瞬間に、ビニールだけブワーって飛んでって、骨だけ持ってて。あれは笑いが止まんなかったね。
ビニール開いて「さぁ差すぞ」バーッて飛んでって骨持ってんだよ。いや、あれはね、コントよりコントだったね。うん。しかも、そのビニール、マジで風が強すぎて、どっか行っちゃったからね。うん。
皆さん、風の強い日はビニール傘注意してください。あとはね、折り畳みをオススメしますよ。降りそうな日、是非カバンに一つ入れてみてはいかがでしょう?
以上、大野智でした!

(BGM「青空の下、キミのとなり」)



ビニール傘を開く

ビニールが飛ぶ

骨だけ残る


これをコントと言わずして何と言うのか。
ドリフ大爆笑」に出てきそうなシチュエーションじゃありませんか。

余談ですが、私は長さんと仲本さんがやる、ばか兄弟のコントが好きでしたねぇ。
なんか作業場みたいな所をあんちゃん(長さん)が訪ねて、弟(仲本さん)に合言葉を言うと入れてもらえるの。合言葉の内容は言うまでもなくバカだし、会話もバカ(笑)
あんちゃんがハート型の風船(ミスターバルーン)を身体につけてたのが印象的で。なんか好きだったんだよな。

ドリフはさておき。
傘と言えば、ワクワク学校ですよ。昨日見てきたから、それしか思い浮かばんのだけど。
オープニングVTRで、大野くんが人力車のお兄さんやってて、すれ違った舞妓さんの傘に校章が描いてあって・・・という内容だったもんで。

いやー、良かったよ。人力車のお兄さん。のっけからテンション上がってキャーキャー騒いでもた。1年半ぶりの嵐さん(なまもの)だったんで、つい。
「私も大野お兄さんの人力車に乗りたい!」と思ったよ。どこ行ったら乗れるんだろうか(バカ)
しかしね、もし乗ったとして「うっ、お、重い。引けない・・・」って思われたらどうしようとかいろいろグルグル考えちゃって。「私はどうしたらいいんだろうか」って思いながら、キャーキャー騒いでた(もっとバカ)

・・・という感じで、昨日の余韻に浸りっぱなしです。
忘れないうちにレポ書こう。いつ完成するか分からんけど。