たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/06/09

待ち合わせたレストランは もうつぶれてなかった
お腹が空いて 死にそうなの
早くあなたに逢いたい
ピチカート・ファイヴ「東京は夜の七時」)

(7時に待ち合わせっていうから、この曲がつい)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「ぶらぶら歩きは生きるための偉大な技術である」

ほぅ。
これは、19世紀アメリカの思想家・作家のヘンリー・デイヴィッド・ソローさんの言葉です。
ナチュラリスト、エコロジストの先駆者として知られる彼は、アメリカ・マサチューセッツ州にあるウォールデン池の畔の森の中に丸太小屋を建て、そこで2年以上も自給自足の生活を送りました。
その様子を記した本「ウォールデン 森の生活」は世界中で翻訳され、彼の代表作となっています。

おお。興味あるな。絶対クマに出くわしたよね。何回か。2年いたら。いやー、怖いなー。
いやー、でも2年って結構だよ。2年前で何、「24時間テレビ」くらいかな。そこから今日までつったら、よっぽどだね。まぁ、でも、ぶらぶら歩きです。
いや、この間ね、先月かな。友達とご飯食べる約束してて。そんで、それまで暇で「やべえ。やることないな」と思って。まぁ、家の軽く掃除もして、もう暇だから風呂入っちゃえみたいな。風呂入って、そんで出てきたけど、まだ時間があるなって。
友達と食事がね、確か7時ぐらいだったかな、待ち合わせ。で、家からその店までの距離をね、携帯のマップで見てたんです。そしたら、「ああ、そうでもねえじゃん」って思って。歩こうと思って。
そんで、まぁ一応多めに見て6時半ぐらいに出ようかなと。30分ぐらいあれば確実に着くなと。まぁ、ゆっくり歩こうと思って。そんで、ビーサンで(笑)歩き出したわけですよ。で、あんまり家の前って歩いたことないなって思って。そんで歩いてたら、「やっぱこうなってんだ。ああ、いろんな人いるな」と見てて。一応、携帯の地図見ながらね。
「まぁ、大通りまっすぐかな、とにかく」と思って。「あれ?今どの辺だろう?」って見ても、まだ全然行ってないんだよね。店の目的地まで全然。そんでなんか、15分ぐらい経っちゃって。「あ、ヤバ」と思って。「全然間に合わないな」と思って。
そんで、25分ぐらい経って友達に電話して、「今どこ?」って言ったら「もう店の前いるよ」みたいな。「あ、ヤバ」と思って(笑) 「うん、俺もね、今向かってる」って。「うん、まぁ、もうすぐ着くよ」って言って。走ったよね(笑) 走ってもだいぶあった。すげー近えと思ったんだけど、地図で見るよりね、意外とあったね。
いや、でも久々いい運動になりまして。いい食事が食べられましたよ。うん。僕の中でこのぶらぶら歩きの発見は意外と距離あったな、地図よりっていうね(笑) まぁ、これも発見ですからね。ええ。いい経験でした。
以上、大野智でした!

(BGM「青空の下、キミのとなり」)



ビーサン散歩お疲れ様でした。
いや、散歩じゃないか。走ってたからビーサンダッシュ。ビーサンジョギング。
走りまくっていい食事だったようで何より(^^)

しかし、なぜビーサン。ギョサンじゃないのか。
どうでもいいことが気になる梅雨入りである。