たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/06/03

今日は宇宙のDVDがバンバン売れるんだろうか。
(経済効果ってやつね)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「家などいりません。船があれば十分です。外国まで廻ってみたいです」

いいですね。好きですね、こういうの。
これは、幕末の志士、坂本龍馬さんの妻、楢崎龍(お龍)さんの言葉です。
この言葉は、薩長同盟締結直後、龍馬さんとお龍さんが薩摩藩の船で移動中、龍馬さんの「天下が鎮まったら汽船を造しらえて日本を巡ろうか」と言ったことに対する返答だそうです。
ちなみにこの後、鹿児島に到着した2人は温泉療養に行っていますが、これが日本最初の新婚旅行であるといわれています。

えーっ、そうなんだ。
坂本龍馬ってさ、いろんなとこ行ってるよね。京都行ったり、なんかね、いろんな。あれって全部船なのかな?馬とか?
いや、思うにさ、なんで行けるの?ようは船で行くったってさ、辿り着くか分かんないじゃん。技術発達してたのかな。地図あってもさ、迷った日はあっただろうね、確実に。いや、そういうの不思議なんだよね。
ようは外国の人だってさ、当時ね、日本に来るとかもさ、延々海渡るわけじゃない。これ果たしてどこに辿り着くんだろう?ってことだよね。それがたまたま日本だったってことあるんじゃないの。いや、不思議だよね。うん。
そう、この間さ、縄文土器を作ったじゃん。テレビ(嵐にしやがれ)で。で、日本はそうやってさ、火を熾したり、縄文土器作ったりしてたじゃん。で、あのとき聞き忘れたなと思ってたんだけど、外国の人ってどっから進化していったんだろうね。気にならないですか?
火を熾す、最初はみんなあのやり方なんだよね。もうなんかいろんな「最初」を知りたくなってきちゃって。うん。いや、意外と謎が多いよね。
あとね、宇宙も謎が多くてさ。宇宙って何?どこまでよ?どこで終わるのかな、ホントに。教えてくれないかな、誰か。
あ、ちょっと前に映画見たんだ、そうだ。DVDか何かで宇宙の話の。タイトルごめん、忘れちゃったけど。ブラックホールに行っちゃったのかな(笑) なんか行くと時空を超えちゃって、なんかね、忘れちゃったけどね(笑) 1時間滞在してるのに、地球でいったら7年ぐらい経っちゃうとかね。ホントにあるのかな?不思議だよね。うん。行ってみたいけどね。ええ。いや、ホントね、まず月に行こう。
以上、大野智でした!

(BGM「青空の下、キミのとなり」)



坂本龍馬。わたしゃ、真っ先に「銀魂」が思い浮かんでもた(^_^;
どうも、頭がアフロ気味でサングラスのおっちゃんが浮かんでしまうんだな。
銀魂に出てくるのは坂本馬。言うまでもなくパロディである)
偶然にも(?)今日は「銀魂」じゃありませんか。楽しみだなぁ。

銀さんはおいといてー\(^^\)
しやがれの縄文土器の話を聞いてたら、「そういえばこの前のしやがれ見てねえじゃん。ヤバいよヤバいよ(出川風)」って思いました。
・・・いや、ヤバイバイバイ松潤風)でもいいけど。
とにかく、見ないといかんと思ったのです。オナラしたっていうじゃありませんか。それは必見です!
(見るとこ間違ってる気がするが、たぶん気のせい)

あと気になる点は、大野くんが見たDVDね。タイトル忘れるだけでなく、内容がものすごいあやふや(笑)
ホントに見たんだろうか・・・。



★本日の栗ちゃんと昭和と宇宙
「昭和の漫才で「渋滞はどこから始まるのか考えると眠れなくなっちゃう」って言って大ヒットしたお二人がいらっしゃったんですけど、もうその領域でしたね」
栗ちゃんは「宇宙はどこまでよ?」がツボだったようです(笑)
ところで、昭和の漫才のネタ、誰なんだろう。それが気になって眠れない。