たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/06/02

相和。
つまり、相葉と和也。にのあいってことですか。

(絶対違います)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「音響相和」

音響という字はですね、漢字で書くと音に響くと描きますね。相和は相葉ちゃんの相、相対性理論の相に平和の和と書きます。
これは、音と響きが互いに調和するということを意味する四字熟語です。

リスナーのキョウちゃんから教えていただきました。メールを読みますと、
「私は釣りをする人の竿を振る、ルアーを投げるときの「ヒュッ」という音がめっちゃ好きです。
あの音は投げている本人も聞こえているんですか?釣りが上手な人ほど良い音がするんですか?
私は学生時代にテニス部だったんですが、上手い人がボールを打つときの音って本当にいい音がします。分かるんです」

ほぅ。いや、そうなんですよ。竿を振る、ルアーをね、飛ばすときにすごい音鳴るんですよ。最初は鳴らないんですよ。やっぱ船長とか上手いから「ヒュッ」って鳴るんですよ。で、みんな最初その音が出したくてはまるんです。うん。
いや、僕ね、思うにね、あんまり鳴りすぎてもいいかっていったら分かんないよ。うん。ちょっと糸傷んでる気がしちゃう。だから僕はね、あんまり思いっ切りスナップきかせてピュンとは、そこまでやんないかな。流れに乗せて、最後手首でヒュンってやる感じかな。うん。
でも、これはね、確かにね、音鳴ると気持ちいいですよ。うん。で、いい音のときはやっぱいい音。でも鳴らなくても飛ぶときもあるし。うん。だから結構鳴るのも気持ちいいし、ルアーが気持ち良くね、飛んだときはね、やっぱりそれだけでも気持ちいいんですよ。ある意味ね、それだけでもスポーツみたいですよ。うん。
だからね、「釣れなくても投げてるだけで楽しい」って言う人もいますしね。うん。「釣れなくてもいいから投げてる。キレイに飛んだら気分がいい」って言う人もいるんです。だから釣りは面白いんですよ。やってみてください(笑)
いや、でもね、テニス部のボールを打つ音、これね、バドミントンでもあるんですよ。バドミントンでもね、(シャトルを打つ音が)ピャイーンピャイーンってイメージでしょ。スマッシュの音、あの音ハンパないからね。結構すごいんだよ。ボーン!だからね。バーン!かな。サーってバーン!って(笑) あれ鳴ったときはもう決まったと思って。いや、ホントにね、久々やりたいですね、バドミントン。あのスマッシュの音を味わいたいですね。バーン!ボーン!バーン!これかな。
以上、大野智でした!

(BGM「青空の下、キミのとなり」)



いい音はいくらでも聞いていられるけど、悪い音は嫌よね。
そんなことを思った今日のトークでした。

音繋がりの余談。
社内で物の扱いが乱暴な人がいて、ドンドンバンバンやるわけよ。常にイライラしてストレスを物にぶつけてる感じだから、今に始まったことじゃないのよ。
しかしね、やっぱりいい気分じゃないわけ。大きな音出されたらビックリするしね。ハッキリ言って騒音だし、ドンドンバンバンやらなくても仕事はできるからさ(ーー;)

ある日、社員さんとドンドンバンバンの話になったとき、「音ブスになっちゃダメだよね」って結論になって。そうやってドンドンバンバンやることを、社員さんは「音ブス」って呼んでて、ああなるほどなって。
私も人のことは言えなくて、知らず知らずのうちに音ブスになってるかもしれん。物の扱いは丁寧に騒音出さないように気をつけよう。
目指せ、音美人!
(自分で書いててよく分からんが、とにかくそんな感じ)