たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/05/29

22世紀はもっと進んでるのかもしれない。
(何が?)
おはようございます。嵐の大野智です。
毎週金曜日はいただいたメッセージにお答えしてきます。

まずはじめは、モエちゃんから。
「智くん、おはようございます。
この間、「青キミ」を歌ったときの「Mステ」見ました。最後、カメラを探す姿が可愛かったです。もちろん曲も素敵でした。
ところで、他の人のトークを聞くために席に座っているときにマイクを足の間、股の間に置いていましたね。あそこに置く人、初めて見ました。あれは癖ですか?」

(苦笑いしながら)なんかいっぱいきてるみたいですね、それ。東京都マユさん、ハルちゃんなど、同じようなメールがきてます。
いや、よく見てるね。何処見てんの、むしろアナタ達。ホントにね、昔からだよ、これ。
「Mステ」のときマイクを自分のは、ホントは右か左に置きたい、腿の横にね。でも、なんかマイクって俺、転がっていくイメージがあるの(笑) 転がって落ちそうなイメージがあるから、俺は固定するために股の間に入れちゃう。
これ結構、デビュー当時からだと思う。たぶん。映ってないと思ってた。だって、前に人がいるからって思ってたら、完全にね、抜かれてたんだろうね。あれやめた方がいいかな。うん。
まぁ、でも、手で持つとかね、普通。でも、手で持つとマイクが汗ばむじゃん。それも嫌だなと思って、まぁ、股の間。
じゃあ、今度映らないように気をつけますね。たぶん、これはもう変わらないです(笑)

続いて、ボヨヨンさんから。
「智くん、おはようございます。
私はもちろん、9歳の娘も大ファンです。その娘とのある日の会話。
娘「宮城でコンサートいいな。行きたいな」
母「そうだね。自分のお金で行けるまでは我慢だね」
娘「あと何年くらい?」
母「あと10年くらいかな」
娘「そっかー。それまで大野くん元気かな?生きてるかな?逢えるかな?」
是非、娘に何か一言お願いします」

いやいやいや、娘さん。生きてますよ、たぶん(笑) そこはね。うん。
10年か。コンサートね。・・・やりますよ、それは。お腹引き締まってれば。やりましょう。うん。腹は出てても踊れます!(キッパリ)

続いて、ヨッシーサミー3104さんから。
「先日の(「嵐にしやがれ」での)包丁作り、火花がすごく飛んでてとっても暑そうでしたが、火傷しなかったですか?
包丁といえば私の卒業した高校は、卒業記念品が名前入り包丁でした。名前入りなので特別感もあり、結婚した今も大切に砥石で研ぎながらその包丁を使って食事を作っています」

えーっ。
「大ちゃんの長い間大切に使っている物や、思い出のこもった物などあったら教えてください」
なるほど。
僕ね、この間そう、包丁作ってね。柳刃包丁作ったんですけど、出刃包丁の師匠が作ってくれて、プレゼントしてくれて。家にあるんですけど。
いや、あれ絶対あれは一生もんですね、やっぱり。自分で作ったし。それかな。
で、1回ね、「しやがれ」のときもトマト切ったけど、家にトマトあったから切ってみたら、やっぱ抜群なんですよ、切れ味が。マイ包丁は欲しかったからね。しかも自分で作ったっていうのがね。あれは一生もんです。ええ。
だからホント、キレイに砥石で研ぎながら一生使うと思いますよ、あれは。ええ。

さぁ、続いて、彼氏の名前もサトシさんから。えっ。
「大野くん、おはようございます。
先日、親戚の集まりがあり、久しぶりに小学2年生の甥っ子と会いました。
私が嵐の「Kissからはじめよう」を聴いていたら、「21世紀の次って何?」って質問してきたので、「22世紀だよ」と答えると、じゃあ22世紀は何から始まるの?」と聞いてきました。
私は答えられなくて、「後で大野くんに聞いとくね」と言って流したのですが、私も答えが気になってしまいました。良かったら教えてください」

なるほどね。まぁ、ありますよね、「Kissからはじめよう」って歌ね。歌詞でありますね、「21世紀はkissからはじめよう」って。うん。21世紀の次はKissの代わりですよ。うん。
ちょっとね、僕からは分からないんで、後で松潤に聞いとくね(笑)

ということで、毎週金曜日はいただいたメッセージにお答えしてきます。メールでお待ちしています。たくさんのメッセージお待ちしています。
ではまた来週。大野智でした。

(BGM「青空の下、キミのとなり」「Kissからはじめよう」)



股間にマイク。つまり、これですか。



このツイート見たとき、衝撃だったね。わたしゃ、リアルタイムで気づかなかったもんで。
まぁね、何が問題ってマイクの形が・・・(以下自粛)
いやいや、マイクに限らず、股間に物置いちゃいかんってことですよ。本人はやめる気ないみたいだけどね。
鼻ほじりと股間にマイクは、一生やるんだろう。

21世紀の次は22世紀。うん、確かに。
「次」で思い出した個人的なことなんですが、ワタクシは3ヶ月半前に誕生日だったんですね。
で、その翌日、授業参観があって、娘の学校へ行ったわけだ。
授業が始まる前、娘と同じクラスの女の子が私にこう言ったのよ。
「私のママは35歳だけど、○○ちゃんのママ(私)は何歳なの?」
私は人に歳を聞かれてサバを読む気は全くないので、正直に答えたのね。
(サバ読んで後でボロが出るの嫌だし、めんどくさい)
「実はね、昨日40歳になったんだよ」
そしたら、その子がさらに一言。
「じゃあ、次は41歳だね!」
あまりにもストレートすぎて、笑うしかなかったです。40歳の次は41歳だしね。そのとおりだよ。

たぶん、その子は家に帰ってママンに「○○ちゃんのママは40歳なんだよ」って報告してることでしょう。
わたしゃ、真実を述べただけですので、どうぞどうぞって感じです(笑)