たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/05/06

ナイフみたいにとがっては
触るものみな傷つけた
チェッカーズギザギザハートの子守唄」)

(そのナイフはサバイバルナイフか、ジャックナイフか、はたまたボンナイフか)
(っていうか最近、ボンナイフ見かけないような)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「側杖を食う」

側杖という字は、反対側の側という字に、「あー、魔法の杖があったらなー」でお馴染みの杖と書きます。
これは、自分とは関係のないことで思わぬ災難を受ける、また、とばっちりを受けるということを意味する慣用句です。

リスナーのユマティンさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「ある番組で、大野くんと同じ事務所の屋良(朝幸)くんが「Jr.時代、大野くんが振り付け師に怒られていたのに無視し続けていたので、ちょうど隣に座っていた屋良くんにとばっちりが来た」というエピソードを話していました。
大野くんは当時のこと覚えていますか?」

いやー、屋良っちだったか(笑) 覚えてねーしっていう。
ああ、あったなー。なんかね、衣装の靴があって。白いバッシュがあって。僕は自前の白いバッシュで。
で、当時のJr.の担当のマネージャーが、「大野、そのバッシュでいいよ」「俺これでいい。ああ、了解」。そしたら振り付け師の人が「大野、オマエ靴違えじゃねーか」。俺、心の中で「いや、もうマネージャーにも了解得てるし」って思って。
「大野、靴違えじゃねーか」また言われるわけ。「いや、だから了解得てるし」「おい、大野。大野!大野!!(怒)」って(笑) 全部無視してたの。そしたら、なんかこっち向かってくるわけよ。すげー勢いで。
俺も「いいんだもん、これで」って顔してたら、途中からいきなり、「こいつ何言ってもダメなんだろうな」って思ったんだろうね。「オマエもだよ!!(怒)」みたいのを、たぶん屋良っちに言ったんだと思うんだよ(笑) 「オマエら全員もだよ!!(怒)」みたいになったんだよね。
その後、帰りの電車よ。「大野くん、勘弁してよ」みたいなこと言われて(笑) 「だって俺、了解得てるし」って。っていう事件はありましたね。尖ってたのかな?
あとね、本番5分10分前に1曲まるまる振り付けされて。そりゃできないじゃん。曖昧で踊ってたら「オマエなんでできないんだ」って集められて。「次の公演で今の振りできない奴、手挙げろ」。手挙げたら、誰も挙げないわけ。挙げるとは思ってなかったのかもしれない。
「ああ、じゃあもうオマエ(他のJr.)、大野(次の公演に)出るよう説得しろ」とか言っていなくなったんだよ。説得しろって言われて、そのJr.の子、「ねぇ、大野くん、出ようよ」って言われて(笑) 「説得しだしたよ」って思って(笑) 笑っちゃって。「なんで笑ってんの、大野くん。出ようよ」とか言われてね。「じゃあ分かった。そんな言うなら出よう」みたいになったの覚えてんだよね(笑)
いやー、当時面白かったね。優しい人なんですよ、その振り付け師。「帰りたい奴は帰れ!(怒)」とか言って。帰るんですよ。そしたら、「ちょっと待て!(怒)」ってなって。1対1になって「いや、オマエそういうことじゃないんだよ」って優しくしてくれるんですよね。
謝ります。ホントに当時の振り付け師の方と屋良っち。ホントにご迷惑をおかけしました。謝りますわ。失礼いたしました!
以上、大野智でした!

(BGM「青空の下、キミのとなり」「Hit the floor」)



最後に謝罪で締めた今日のトーク。
あとね、説得したJr.の子にもごめんなさいですよね、ホント。真剣に説得してるのに笑うってアンタって人はよぉ。
いやいや、もっといったら、バッシュ事件のときに怒鳴られた全てのJr.にもですよ。まったくもう。

このトーク、実は3年前に話したことがあって。その時のレポがこれ
当時聞いたときはウケたんだけど、今日聞いたら「どんだけ問題児なんだよ」って思ってもた。無視ってアンタ。
帰れって言われて帰るし、できない奴は手挙げろって言われて手挙げるし。ある意味、素直なのかも。
・・・3年前にも同じこと書いたな。我ながら都合のいい解釈である。あんまり進歩してないのか(笑)