たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/04/22

おかめに目は八つもありません。

(おかめはおかめでも、おかめ違い)
(ちなみに、おかめを漢字で書くと「阿亀」。大辞林より)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「岡目八目」

人の名前みたい(笑)
岡目は岡田准一の岡に目玉の目と書いて、八目は漢数字の八に金目鯛の目と書きます(笑)
これは、当事者よりも第三者の方が冷静に正しく判断できるという意味の四字熟語です。
岡目とは脇から見るということを意味していて、他人の打っている囲碁を脇から見ている者は碁を打っている本人達よりも八手先、つまり八目先が見えるというところからきているそうです。

はぁー、なるほどね。冷静に判断できるっていうプロデューサーみたいなものですか。
いやー、でもそうだな。分かる気がするね。やっぱりさ、本人ってさ、演者だったりするとさ、もうそこに集中してるからさ、自分しか見えなくなってしまう部分あるけどね。やっぱり客観的に見てる人って「あっ、あそこ、もうちょっとこれの方がいいかな」とかね、見えるからね。プロデューサーってすごいですよね。
そういった意味では、松潤ってのは面白いですよ。コンサートの演出やるから基本ね、ステージリハーサルでも通しリハーサルでも自分は(ステージに)立たないで客席の一番奥から見てダメなところ紙に書いてます。
だから嵐メンバー4人、そのうち1人は助手の人つけてバランスを見て、松潤が「あそこの照明があっちの色のがいい」とか。うん。「リーダーのソロのところ、もうちょっと早く下手(しもて)に歩いていける?」とかすごい見てるから。だから一番大変なのよ。
何でかって言うと、演出もやるし、しかも衣装つき通しリハーサルやると、まぁ少し気持ちが落ち着くわけ。ああ、一応通せたなっていう安心感。でも、彼はチェックしてるから、ぶっつけ本番なわけ、いつも。自分の位置とか把握してんだけど。だから誰よりも緊張しちゃう。そりゃそうだわな。だから、すごいなと思う。うん。
あとはね、ジャニーさんはやっぱすごいなと思う。コンサート、自分らで構成して、そんで通しリハーサル見るじゃん、社長が。そしたら前半と後半を真逆にするとか。マジかよ!?みたいな(笑) うん。「逆のが面白い」とかね。
そうするとまぁ、たぶんそれはそうなんだけど、でもこっちはパニックだよね。「あれ?衣装は??じゃあ、あそこがこれ変わって、あれが変わって」って、よくJr.のときあったね。で、ギリギリで変えて「やっぱこっちのが良かった」みたいになったりするからね、やっぱ見える人は見えるんですね。
目指したいね。うん。僕、違うこと考えそうだから(笑) まぁ、いつかなってやりますよ!
以上、大野智でした!

(BGM「Sakura」)



いつも素敵なコンサートを演出してる、松潤の裏話でやんした。
演出してるのは知っていたものの、細かいことは分からないでしょう。リハーサルはずっと客席からチェックしてて、実はぶっつけ本番とか。
ホントすごい人だなと思うのです。

あと、ジャニーさんもすごい。前半と後半を真逆にするとか、思いつかないでしょ。
ジャニーさんに関しては、今日のトークのことだけでなく、他にもいろいろすごいと思うのよ。私が一番すごいと思うのは、先見の明ね。
彼の目には、この世の中がどう映ってるんだろう。気になる。