たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/03/17

カメラ目線、どんだけ~。

(とにかく「どんだけ~」が言いたかった。言いたくて思い浮かんだのがこれです)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「見得を切る」

ああ。
見得は、見るという漢字に、「あそこのお店で、お得にお買い物!ウフ♥」
・・・ちょっとIKKOさんみたいだったな(笑)
の得です。
分かったかな、今(笑) 「あそこのお店で、お得にお買い物!ウフ♥」の得と書きますよ。ええ。
その見得とは、歌舞伎の世界で登場人物の感情の高まりを表現するときなどに、役者が一旦演技を止めてポーズをとることですが、「見得を切る」とはそこから自分を誇示するような態度、言動をとるという意味で使われる言葉です。

はぁー。見得を切ってますか、皆さん。
「先日、2週連続で『ミュージックステーション』にご出演され、新曲「Sakura」を披露されていましたが、歌い終わった際、最後のカメラ目線で見得を切っていませんでしたか?」と言われております、ワタクシ。
つーかね、なんで最後、僕、(カメラに)抜かれ始めたかってね。ちょうど、横一(列)で歌ってる歌があったんだよ。忘れちゃったけど。そんで、最後、歌い終わって終わる瞬間に引きからゆっくり5人に寄ってきたときに、たまたまなんか俺が一番左側でカメラに近くて。
で、みんなまっすぐ向いて決めてるんだけど、カメラが動いてるからなんとなくフワッてカメラ見て終わったら、そしたらなんかちょっと軽い笑いが起きた気がして。で、そこからなんか終わる度にどこに(カメラが)あろうとも見ようかなと思って。
そこから何回出て、もう見るようになって。それがなんか定番になってきて。そしたら最近なんてカット割りの中に最後、わしのアップが入ってるんだよ(笑) もうリハーサルから最後は大野くんのアップで終わるみたいな、カメラマンさんがやってくれて。
で、この間の「Sakura」もそうなんですよ。この間、すごい桜吹いてたでしょ。そんで、せっかく桜あるから。で、最後しゃがんで終わるから、そのしゃがんだ下に桜が結構量があったから、ちょうど掴めたんで、まぁ取れたよみたいなアップで終わったりとかね。それ表現してて。
いや、だからね、僕もいろいろ考えることが増えちゃって。踊りの確認、歌の確認とかやってんだけど、最後アップがくる確認も、僕は1個行程が増えてるんです。自分が悪いんですけど。
これをね、いつか『ミュージックステーション』さんに「大野智カメラ目線特集」をやってもらいたいんです。それが僕の夢なんです。もう結構たまってると思うんですよ。いつか分かりませんが、ちょっとね、そういう特集、絶対にくると思います。
以上、大野智でした!

(BGM「Sakura」)



IKKOさんみたいだった、今朝の解説。台本に書いてあったんだろうか。
たぶん「ウフ♥」は書いてなかったと思うんだがどうか。
っていうか、このセリフ、別にオネエ風に言わなくても良かったんじゃないか。そんな気もする。面白いからいいけど(笑)

前に「カメラ目線特集」やってほしいとか言ってたけど、そのうち叶うんじゃないかと思うのよ。
嵐さんが200回出演したときにやったりしてね。いや、150回でもいいけど。夢は必ず叶うんで、その日までカメラ目線し続けてください。
・・・いや、夢が叶ってもカメラ目線は忘れずに!楽しみなんですから。



なんでカメラ目線が楽しみなのか。
この前のMステ見ながら、最後のカメラ目線をリアルタイムで撮ってたのよ。スマホでね。
最初は普通に見てるんだけど、曲の最後あたりになったら、カメラ構えながら見てて。
最後のカメラ目線がくると思ったらシャッターきって・・・っていうのをやってて。ダメ元でいいからやってみようっていう、ちょっとしたチャレンジ(?)みたいなもんで。何が撮れるか分からんから面白いと思ってさ。だから楽しみなのよ。

桜吹雪のときは、ちょうど桜の花びらを手にしてるところが撮れて、見得を切ったときもいいタイミングで撮れて。
ちょっとブレちゃったけど、それもまた良し。宝物が増えました(^^)