たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/03/12

いっそのこと、船の上から『オールナイトニッポン』やっちゃえよ。

(余談ですが、電気グルーヴの土曜2部(1991~1992年)をよく聞いてました)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「24時間、自分のやりたいことだけやって何が悪い。それをやり尽くしても時間は全然足りないのに」

確かに(キッパリ)
これは、日本の女流画家、山本恭子さんの言葉です。

リスナーのアヤさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「大ちゃん、おはようございます。
最近、1日が一瞬のようです。1日48時間欲しいです。好きなことだと何時間でもできますよね。
大ちゃんは25時間釣りをしていた記録は更新できましたか?」

なるほど。いや、まだできてないですね。あれ何年前なんだろうな。たぶん、2009年じゃないかな。よく覚えてるな、俺(笑) 3月ぐらいだと思うよ。
ホントはね、もっとできたんだよね。ただ風が強くなっちゃったからやめただけで。ありましたね。更新したいね。うん。
いや、でもホント時間が過ぎるのあっという間ですよ。あのね、基本ね、12時間やりたい(笑) あわよくば16時間ぐらいやりたいけど。
だから、例えば、普通、船チャーターでも基本は朝から昼間で5、6時間。そんで1回戻って午後の便とかあるわけ。うん。足りないんですよ、僕、全然。例えば4時間とかもあるわけ。4時間なら行かないもん(笑) 「えっ、4時間しかできないの?なら行かない方がいいや」になっちゃう。
だって、例えばポイントまで行くのに20分ですよ。4時間ないんですよ、もう。そんで釣り始めて。じゃあ釣れない。気づいたら1時間経ってる。残り2時間ちょっとしかなくなってくるじゃない。そんでポイント変えて15分くらい経っちゃった。「うわー、もう帰るのか」。
辛い。これは辛いよ。だから最低でも8時間は欲しいですよ(笑)
25時間やったときはね、2日間休みあって船長に「1日目12時間、2日目12時間やりたい」って言ったら、まぁ面白い船長なんですよ。「じゃあ繋げちゃおうぜ」って。「え?いいの??」みたいな(笑) 「どうせなら繋げようよ。俺もやってみたいし」。そんで24時間ってことになったの。
NEWSの加藤(シゲアキ)、シゲなんてそれが初めての船での釣りだからね(笑) 朝方、リール巻ながら(眠りに)落ちてたからね(笑) でも、それでも「また行きたいよ!」ってハマっちゃってるから。ハマる人はね、ずっとできるんですよ。ええ。
いつ更新できるかな。更新したいね。48時間とかやってみたい。番組でもいいや。「大野智は果たして何十時間釣りをしたら「もういい」ってなるのか」。やりたい(笑) そんないいロケないな。うん。ずっとできるよ、たぶん。まぁ、また更新したら報告します。
以上、大野智でした!

(BGM「Sakura」)



25時間釣りする大野くんがすごいのは言うまでもないんだけど、何がすごいって、一緒に行ったシゲと船長ね。
シゲは初めての釣りが25時間ってのがすごいし、1日12時間を2日分繋げちゃおうと提案する船長もすごい。
賛同者がこれだけいて成り立つことだからこそ実現できたと思うんです。あとはみんな、気力と体力がバッチリあったってことよね。

で、48時間やりたいとか言い出すわけで。しかも番組のロケで!公共の電波を私物化してる(笑)
やっぱり、やるとしたら「しやがれ」なんだろうか。そうなると、スタッフも48時間船に乗って・・・ということになるのよね。船酔い者続出しないだろうか(^_^; 細かいことが気になっちゃうのである。
実現したら見ますけどね。果たしてどうなるのやら。