たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/02/16

マグロ丼が食べたい。アボカドも乗せてね。

(もちろん、ワサビ醤油で)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「海に遊び、海に学ぶ」

いい言葉じゃないですか、これは。最高ですね。
これは、小田原生まれのフィッシングライター兼プロフィッシャーマン、村越正海さんの言葉です。

横浜市磯子区のリスナー、ミユウさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「以前、父とシーバス釣りをしていたとき、私が投げたルアーに何かが引っ掛かり揚げてみると、なんとルアーのフックに手がしっかりとはまっているカニがついていました」
マジか(笑)
「すごくビックリしてしまい、その場で叫びまくっていたのをよく覚えています。
大野さんは釣りをしていて一番ビックリしたことは何ですか?」

いやー、なんかね、たまーにね、そういうことあるんだよね。
僕、昔ね、シーバス釣ったんですよ。そんで、網入れて船の上載せたら、僕の使ってるルアー、エメラルドだったのに、青いルアーがくっついてるんですよ。「あれ?」って思って。よーく見たら、僕のルアーじゃないんです。
以前、僕が釣ったシーバスを誰かが掛けたんです。で、たぶん糸が切れてルアーだけシーバスにずっとくっついてたんですね。で、回収しました、僕(笑) 増えちゃった。うん。だから、そういうのはよくあるんです。
まぁ、一番ビックリしたっていうか、シイラ釣り行ってて、そんでシイラの竿でやってなかったんですね。シーバスの竿。だからシイラ用の竿より細いんですよ、シーバス用の竿はね。
で、まぁ、「これで釣れた方が面白くない?」みたいになって。「細い竿で釣れた方が面白いな」って。で、ルアー投げて誘ってたら、その水面バコッてルアーが食ったんです。
でも、シイラってちょっとエメラルドグリーンみたいな色してるんですよ。水中にいるとき。食った瞬間、エメラルドグリーンじゃなかったの。なんか茶色っぽかったの。「何だったろう?」ってバコッて食った瞬間に、シイラが掛かったら水面バシャバシャって跳ねるんですけど、掛かった瞬間に海の下の方にビーッて潜っていって。
で、僕の糸がどんどん出ちゃって。ビーッて半分ぐらい。で、出てる方向に船長に船で走ってもらって、糸どんどん回収してったんですよ。そんで、姿が見えないんですよ(笑) 「でもこれ魚だよな」って思って、15分ぐらい丁寧に、シーバスの竿だから細いから、丁寧に丁寧にゆっくり揚げたらマグロだったの(笑) あれはビックリしましたね。
8㎏ぐらいかな。デカいでしょ。シーバスの竿でマグロ釣ったの初めてだから。まぁ、嬉しかったよね。うん。いやー、あれはね、衝撃的でしたね。うん。まぁ、だから釣りしてるとそういうミラクルが起きるんでね、だから釣りはやめられません。
以上、大野智でした!

(BGM「誰も知らない」



釣りの竿の種類のことはよく分からんのだけど、ようするに予想外のものが釣れたということでよろしいのでしょうか。
細い竿でマグロ釣れちゃうものなんですね。いやいや、ビックリでした。

ところで、エメラルドのルアーを使ってるって聞いて、「私も!」って買いに行った人いるよね。釣具店からエメラルドのルアーが消えてたりして。
そんでもって、店員さんが「なんで今日、エメラルドのルアーが売れまくるんだろう」って首をかしげてるかもしれん。たぶん。
・・・まぁ、妄想っていうか安易な発想なんですが、もしこれが現実になったら、嵐さんの経済効果はハンパねえですよ。