たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2015/02/03

さようなら。そして、お疲れ様。
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「120%の準備が自分を支える」

いや、もうホント、入念に準備しとけということですね。
これは、英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルを務めた世界的なバレリーナ、吉田都さんのテレビ番組の中での言葉です。
何があるか分からないのが本番の舞台なので、その舞台で100%の力を出し切るために日々の練習で120%の準備を重ねていくそうです。

おお、すごいですね。
リスナーのミナミさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「智くん、おはようございます。私は2月と3月に美容師国家試験を控えています。バレエをやっていたときに出会ったこの言葉を胸に今、練習を頑張っています。
そして、智くんに「ミナミ頑張れ」と言ってもらえたら励みになります」

ミナミ、頑張れ!

もう気持ち入れた。すっごい入れたよ、今。ええ。
いや、120%ですよ。やっぱね、踊り込むって大事ですよね。
いや、この間ね、「PLAYZONE」観に行ったの。青山劇場がもうね、取り壊すということでね。(今井)翼とか屋良っち(屋良朝幸)とかさ、(中山)優馬くんとかメインでやってるの。そんで、僕らのライブでもね、バックについてくれてたみんなも出てて。
いや、久々行ったんじゃないかな、青山劇場。僕も「PLAYZONE」何回か出させてもらったんで。あと、まぁ舞台でもやらしてもらったし。「WEST SIDE STORY」もね、やらしてもらったから、やっぱ思い入れは深いですよね。うん。
そこで、いやー、もうすごいよ。踊りっぱなし。まぁ、一幕二幕あるけど、もう一幕踊りっぱなし、二幕踊りっぱなし。で、俺、一幕終わって、休憩がちょっとあるんだけど。関係者の控え室があって、そこ座ってたら、翼がヒョロって来てくれて。「ああ、大ちゃん!」とか言って。「あああー、久しぶり」って。いいよ、休みなって思うくらい踊ってるから「いや、大丈夫だよ」みたいな。でも、実際やっぱ辛いじゃん。
で、屋良っちも「ああ、大ちゃん!」って来てくれて嬉しかった。そんで、翼の楽屋入っちゃって。「楽屋来なよ」みたいな。「いいのー?」みたいな感じ。マジで?って。なんか久々、翼と喋ったな。なかなか会う機会ないからさ。合宿所時代はずっと遊んでたからさ。
いやー、身体も体調悪くなってたから俺も心配してたんだけど。「今は全然大丈夫だよ」みたいな。うん。
前話したじゃん、ラジオで。筋肉すげーって。健在でしたね。「これか。本物見ちゃった♥」みたいな感じでしたね。ええ。
いや、でもなんか、ホントに踊りっぱなしでいい刺激になりましたね。ちょっと頑張ろうと思う。いや、いいもの見させていただきました。やっぱりね、120%ぐらいやってないとたぶんあそこまで踊れないと思いますからね。みんなやってるんだと思いますよ。
さぁ!僕も今日からね、120%の気持ちで頑張りたいと思います!
以上、大野智でした!

(BGM「GUTS!」)



翼くんといえば、体調が気掛かりで。
今まで全く触れてませんでしたが、私も心配でした。大丈夫なのかしら?って。
復帰して踊りまくりでホッとしました。

で、青山劇場。私も何度か足を運びました。「WEST SIDE STORY」「テンセイクンプー」「アマツカゼ」観に行ったな。
あと、相葉ちゃんの「グリーンフィンガーズ」も。
そうそう、昔(20代前半)、演劇見るのが好きで、お隣の円形劇場にも足を運びました。「笑の大学」と「スチャダラ2010」(いずれも1996年上演)が印象深かったですね。懐かしいです。
壊されてしまうのは残念ですが、たくさんの思い出をありがとうという気持ちですね。お疲れ様でした。