たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/12/22(栗原さん&リスナー編)

今日出演した方からレポを頼まれたのでアップします。
久々に栗ちゃんとのやりとりアップして楽しかった!(^^)

以下は、栗ちゃんと出演者の方とのやり取りです。
(栗:栗原さん  ま:まみさん  大:大野くんのロボットボイス)



栗:今日は大学1年女子、女子大生。はぁー、いいですね。1年生。まだあと4大だったら3年、短大だったら忙しいか。
今日が19歳の誕生日。
(電話の呼び出し音)
大:もしもし、大野です。大野だよ。
ま:あっ、もしもし。
大:おはようございます。嵐の大野智です。
ま:えっと、埼玉県のまみです。
栗:はい、まみさん、ハッピーバースデイ!
(ファンファーレのBGM)
ま:ありがとうございます。

大:今日の朝ご飯は何?
ま:えっと、えっと、卵かけご飯とお味噌汁です。
大:いいですねー。
栗:おーっ、TKG!
ま:(笑)

大:今日の予定は?
ま:今日は大学に行って、で、そのまま家の掃除をします。
大:頑張って!
栗:おっ。ってことは、
ま:ありがとうございます。
栗:直帰してくるってことですね?
ま:あ、はい、そうです。
栗:いやー、偉いですね。なんかこう、「渋谷行ってー」みたいな。「公園通り歩いてからのセンター街」。センター街って今言わないしー。
ま:(笑)

大:今、楽しみにしていることは何ですか?
ま:えっと、来年にある演劇の発表会です。
大:頑張って!
栗:へぇー。
ま:ありがとうございます。
栗:何ですか、それ。何部?
ま:ええと、人類学部なんですけど、
栗:ああ、学部の話ね。
ま:あっ。
栗:ああ、いえいえ。
ま:はい。結構いろんな分野やりたい人が集まってて。
栗:ええ。
ま:だけど、1年生で演劇は絶対必修なんですよ。
栗:演劇やるんですか?
ま:ああ、はい、そうです。
栗:へぇー。授業の一環なんですね。
ま:はい、そうです。
栗:すごいな。それで何やるんですか、演目は。
ま:自分達で脚本とかも演出とかも考えて、
栗:ええ。
ま:衣装とかも、みんな自分達でやるやつ。
栗:完全創作劇なんですね?
ま:はい、そうです。
栗:へぇー。で、どんなのやることになってるんですか?
ま:えーっと、自分達がやるのは喜劇なんですけど。
栗:喜劇!
ま:はい。
栗:難しいんじゃないですか?
ま:あー、はい。で、今、ちょっと役作りで頑張ってます。
(電話の向こうから犬の鳴き声)
栗:ああ、そうなの。そんでワンちゃん鳴くんですね。
ま:(笑)
栗:ワンちゃん大きい?小っちゃい?
ま:えっと、そこそこ大きいのかな。ミニチュアダックスです。
栗:あ、そう。大きいけどミニチュアダックス
ま:(笑)
栗:あ、ミニチュアダックスにしては大きいミニチュアダックスですか。うるさいよね、うるさいよね。ごめんなさいね。ごめんなさい。
ま:(笑)

大:将来の夢は?
ま:将来の夢は、とりあえず人のためになる仕事に就きたいと思っています。
大:応援してるよっ!
ま:ありがとうございます。
栗:具体的には?
ま:具体的には今やりたいことが本当にたくさんあって、
栗:ええ。
ま:どれに就こうか迷ってるところなんですよ。
栗:なるほど。どれか1コつまんで言うことできますか?
ま:えーっ?
栗:順番つけなくてもいいから、パッと浮かんだの。
ま:はい。役者ですかね、やっぱり。
栗:あっ、人の役に立つ仕事だから役者。
ま:(笑)
栗:こりゃ上手い!
大:応援してるよっ!
ま:ありがとうございます(笑)

栗:それでは「MOスタート」のかけ声どうぞ。
ま:MOスタート。

(大野くんのトーク)

栗:はい。ジャニーズ、男同士の友情というかプレゼント交換って興味ありますよね。という他では聞けないお話でした。
なんか「関ジャニのチュウ」って言ってたんで、関ジャニの人とプレゼントでチューされたのかと思ってしまいました。
さぁ、電話口のまみちゃん。
ま:はい。
栗:はい。チュウって人がいるんですね。
ま:・・・はい。
栗:ということで、すみません、噛み合いませんで。
ま:ああ、ごめんなさい。
栗:いやいやいや。それで、いよいよ最後は応援して盛り上げやって終わるわけなんですけど。
ま:あ、はい。
栗:ここまでラジオに出た感想はいかがでございましょう?
ま:緊張して、殆どさっきの大野くんの声、なんかもう飛んじゃって。
栗:あっ。
ま:ちょっと・・・。
栗:あっ、ちょっとドキドキしてる感じ。
ま:はい。
栗:でも、将来役者になるかもしれないし。
ま:はい。
栗:年明け、演劇で舞台に立つわけじゃないですか。
ま:あ、はい。
栗:今ドキドキしてられませんよ、これぐらいで。
ま:そうですよね。
栗:ええ。
ま:はい。
栗:本番(心臓)バクバクでしょ、たぶん、演劇。
ま:バクバクだと思います。
栗:何役ですか?
ま:えーっと、何役っていうとすごいネタバレになっちゃうんですけど。
栗:ええ。
ま:もうなんか、何て言うか、すごいもうよく分かんない役です。
栗:ああ、そうなの。いいもん?悪いもん?
ま:もう良いもんじゃないですかね。
栗:目立つ?目立たない?どっちの役。
ま:目立ちます。
栗:目立つ。
ま:あっ、でも、裏から行って目立つタイプです。
栗:なるほど。
ま:はい。
栗:ややこしや~ ややこしや~♪
ま:(笑)

大:この後、誰かにメッセージを送る、もしくはアナタの夢を語っていただきます。どちらにしますか?
ま:メッセージを送ります。
大:それではメッセージを送っちゃいましょう。どうぞ!
ま:えっと、名古屋で・・・名古屋じゃない、愛知で今ラジオ聞いてる大好きな相棒へ。
ずっとずっと一生の相方でいてください。
大:いいですねー。そのメッセージ、きっと届きます。

(電気屋のBGM)
栗:いらっしゃいませー、いらっしゃいませー、いらっしゃいませー。栗原電気本店にご来店いただきありがとうございます。
本日、一番にお越しのお客様、まみさんのお誕生日祝い。ポイントキャンペーン実施中。
まみさんがお買い上げいただく物、二割三割五割増しポイント還元。
そうすると、まみちゃんがちょっとドキドキしすぎ!バクバクしすぎの心臓の鼓動が二割三割五割増し。
そうしますと、今バクバクしてると来年の演劇の発表会で舞台に立ってセリフ言うときのバクバク度合いも二割三割五割増し。
そうじゃなくて、度胸を二割三割五割増し。
度胸がつけば将来役者になって、例えば劇団四季の「キャッツ」で主役になったときにメーモリー メモリメモ メーモリー♪歌える確率二割三割五割増し(笑)
まずは19歳の誕生日、ハッピーバースデイ♪
ま:ありがとうございます。

大:それでは、リクエストの曲紹介をどうぞ!
ま:嵐で「Bittersweet」。



以上、栗ちゃんとまみさんのやり取りでした。
緊張してたのが伝わってきました。いきなり振られて頭真っ白になってしまったんだろうな、と。
大野くんのトークが飛んでしまったと仰っていたので、ラジオレポも読むとよりいっそう楽しめると思います。
ちゃっかりCM。

栗ちゃんがお祝いしてましたが、私からも。お誕生日おめでとうございます!(^^)
誕生日に出演して、嬉しさが二割三割五割増しですよね。ええ。パクりました(笑)
今日ラジオ出演して自信がついたと思います。その自信、年明けの発表会に繋がっていくことでしょう。思いっきりやってきてください。応援してます!
(ここに書いたら秘かもクソもないが・・・)