たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/12/08

私的には、レバーを最初に食べた人はチャレンジャーだと思うよ(^_^;
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「醜さの中にある美しさ。それが見えない目は何も発見できない」

なるほど。確かに。
これは、フランスの映画監督、マルセル・カルネさんの言葉です。
一つの思い込みだけで物事を見てはいけないということです。醜さの中にある美しさを見つけられる目を養いたいと思います。

ねっ。確かに。これ言えてるよなー。動物とかでもそうだよね。不細工な犬いるじゃん。でもなんかそっちの方が飼いたくなる。キレイな犬はキレイじゃん。見飽きてしまうんだよ。
例えばブルドッグとかさ、目グリグリしてさ、しわくちゃじゃん。でも、寝顔とか不細工じゃん。なんかコロコロ変わるじゃん。ずっと見てたいよね(笑)
魚だってそうじゃん。アンコウなんてマジか!?みたいな(笑) でも食ったら美味いとかさ。魚なんていっぱいあるよね。うん。だって熱帯魚は食わないじゃん。カサゴなんて、まず誰が最初食おうと思ったのかとか思うもんね。
最初に食った人っていうのは歴史に名を残さないのかね。それがすごいね、気になる。ウニだってさ、そうじゃん。あんな刺々しい物、中で薄オレンジな物なんて毒にしか見えないじゃん、最初。でも、初めて食った人ってさ、なんで名を残さないのかね。「ウニを初めて食った○○○○(名前)」とかね(笑) 1個も聞かないよね、そういうの。
たぶんね、罰ゲームだったと思うんだよ。権力持ってる奴が手下とか何かミスったりしたら、「おい、これ中身食ってみろ。やってみろよ」って食わされてさ。そしたら「えっ、美味しいですけど」みたいなさ。「えっ、ウソ言ってんじゃん。もう1個食え」とかバクバク食ってさ。そんで自分も食っちゃって「なんだこれは!」みたいなことなんじゃん。だから歴史に名が無いんだと思う。うん。ってよく考える、なんかいろいろ。そうじゃん、だって。
でもさ、毒持ってる物、フグとかさ。フグだってそうだよね。毒があるからホントはあれ食べちゃいけないもんだったんだよね。いや、だからそういう物いっぱいあるよね。うん。
魚食いたくなってきたよね。対馬のトモくん送ってくださーい。
以上、大野智でした!

(BGM「Zero-G」)



なんか「美人は三日で飽きる」とか言うのを思い出したトークでした。犬の話だったんだけど、人間に置き換えてしまったわ。
キレイなものもいいけど、そうじゃないものもいい・・・それぞれに長所があるんだと思います。

アンコウは食べたことないんだけど、テレビで吊るし切りを見てたらグロくてビックリしちゃって!
途中経過を考えなければいいのか。きっと美味しいんだろう。うん。

ついにラジオで新鮮直送便(勝手に命名)に呼びかけちゃったよ。公共の電波なのにぃぃぃぃぃ(^_^;
それだけ魚に飢えてるんでしょうか。トウくん、送ってあげてください。