たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/11/18

次のコツコツ作業はいつ?どんな内容?
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「粒々辛苦」

聞いたことない(笑)
これは、粒々は「ベイクが一粒、ベイクが二粒」の粒の字を繰り返し、辛苦は辛く苦しいと書きます。
これは、物事を成し遂げるためにコツコツと苦労を重ね、努力を積むことを意味する四字熟語です。

おお、なるほど。
リスナーのユルキーさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「大ちゃん、こんにちは。
この言葉は高校生のとき、漢字検定の勉強をしていて知ったんですが、「穀物の一粒一粒は農民の辛苦の結晶である」というところからきているそうです。
素敵じゃないですか?コツコツ頑張って実を結ばせないといけないなと、今でも勇気をもらう言葉です。
大ちゃんは最近コツコツやってることはありますか?」

あー。コツコツやるってやっぱ大変だよね。「マジこれ終わるのか?」みたいな。
例えば何かドラマとかそうかな。コツコツ撮るじゃん。1日朝から夜中まで撮影で、今日中に撮らないとスケジュール的に、オンエア的にも間に合わない。
そういうときにさ、まぁ、予定では夜11時に終わる。でも、だいぶ押してるときとかあるじゃない。そんときにさ(笑)、「え?まだここなんだ」みたいなときに「え?これ撮り終わらなきゃいけない、今日中に。朝じゃね?」みたいなときとかね、焦るよね。でも、コツコツ撮らなきゃいけないんだもんね。一気に撮れないからさ。
よくあのね、勘違いされてるときがあって。まぁ、連続ドラマとか1時間じゃん。それを1時間で撮ってるって言う人を耳にしたことがあって。「おお、マジか!?」と思ったよね。「1週間近くかけまっせ」みたいな。いや、だから知らない人は、やっぱそれは分かんないよね。うん。
いや、でもホント、俺も子供のときは思ってたよね。この世界入る前までは。もっとバンバンいくもんなのかなと思ってたらさ、ホントにね、コツコツ作業だね。
そう、だから同じシーンを何回も撮ったり、カメラアングル変えて引き撮ったり、寄り撮ったり、誰か越し撮ったり。まぁ、その監督にもよるんだけど、ドラマってのはコツコツ撮ってやっぱオンエアで見て、「ああ、こうなったんだ。あれがあのシーン、あの撮影が」みたいなね。うん。
いや、だからそう、いろんなコツコツがあるよね。うん。まぁ、でもね、コツコツやってくことは大事ですね。うん。いや、ホントね、今コツコツやってる人はね、必ずね、報われますから。ええ。近道するよりコツコツいった方がいいですよ。ええ。なので、僕も何かコツコツします。
以上、大野智でした!

(BGM「Imaging Crazy」)



1時間のドラマを1時間で撮る!
よく考えたら無理よね。場面が朝だったり夜だったりしたら1時間じゃ無理だし(笑)

何度も同じシーンを撮るのは、まさにコツコツ作業ですね。お疲れ様です。
今日のトークを聞いて、あのドラマもこのドラマもコツコツだったのね・・・って頭に思い浮かべてました。
ところで、次のコツコツ作業はいつなんでしょうね?なんかドラマとか舞台とかの話をすると、近いうちにコツコツ作業があるんじゃねえかって思ってしまうのは勘ぐりすぎでしょうか?(^_^;



私のコツコツは、ちと前に書いた定点観察ですね。コンビニを作ってる工事現場を撮影してる。
で、それをFacebookに載せてる。友達限定で。「誰得な企画」と銘打って(笑)
(景色を見て分かる人は分かると思うので、載せるのはFacebookのみ。InstagramTwitterは不特定多数の人が閲覧するので載せません)

定点観察は、コンビニがオープンする日まで続けますよ。オープン日は不明だけど、進行状況を見てると年内に完成って感じがしないんだよな。来年以降になりそうな気がする。
コツコツやってると必ず報われるっていうけど、この場合はどうなんでしょう。肉まんかおでんがもらえたりするんでしょうか。絶対ないと思うけど(笑)
・・・冗談さておき、何かが欲しくてやってるわけじゃないんで。楽しければいいのさ。ああ、オープンが楽しみだな。