たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/11/11

フローラルはポテトチップスの匂い。
(絶対違う)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「Nothing recalls the past so potently as a smell.」

・・・分かったかな?(笑)
これは、イギリスの政治家であり、ノーベル文学賞受賞者でもあるウィンストン・チャーチルさんの言葉です。
今の分かんなかった方に「匂いほど過去をはっきり思い出させてくれるものはない」。こう言ったんですけど。

この言葉は、リスナーのはっちゃんから教えていただきました。メールを読みますと、
「本当にこの言葉のとおりなんですよ。
この間は、ある木の匂いを嗅いだとき、中学の技術の授業で木の椅子を作ったことを鮮明に思い出しました。そのときの情景まで。ホント不思議です」

分かるなー。あるよね、なんかそういうのって。
オイラ前から言ってるけど、春の匂いってのがあるんだよね。うん。ちょっとワクワクするの。これから夏が近づいてくるぜみたいな。子供のときの感覚に戻るのね。で、秋になると、秋の匂いもね、なんかあるんだよね。寂しくなるんだよね。夏終わっちゃったから。とかあるよね。
あと、よく女性とすれ違ったときに女性の香りするじゃん。そういうときに小学校のときの女の子達も香水ではないんだけど、たぶんね、シャンプーか何かいい匂いすんじゃん。それを思い出すの。しかも、ちょっと好きだった子の感じのなんか。教室のあの感じみたいの思い出すよね。いや、だからそういうやっぱ匂いで思い出すことあるよね。
なんかね、何だろう、何の匂いか分かんないんだけど、懐かしいっていうのない?なんか。分かんないんだよな。うん。フワッと匂ったときに思う。あれってやっぱ覚えてるからかね。記憶がやっぱね、蘇るんだろうね、一気に。
あとね、リハーサル室のトイレ行く階段の匂いとかあるのよ。そうするとなんか分かんないけど、2008年の春を思い出したりするの。たぶん、2008年の春からそのスタジオ使うようになったからだと思う。だからトイレ行く階段、いつも2008年の春を思い出すの。うん。いや、なんか面白いよ。やっぱ懐かしい。匂い変わってないな、みたいな。うん。
いや、これからもね、いろんな匂い嗅いでいきたいよね(笑) ねっ。いや、人間はみんな匂いフェチですよ。だって臭い匂いだって山ほどあるじゃん。そう、なんかね、匂い話あったら教えてください。皆さんのそういうの聞きたいんだよね。うん。お願いします!
以上、大野智でした!

(BGM「Zero-G」)



ごめん、全然分かんなかった。流ちょうすぎて(笑)
ググって解決。そんな時代です(どんな)

匂いと思い出は結びついてるもんですね。人それぞれいろんな思い出が詰まってるんだな。
私はフローラルの匂いを嗅ぐとドラッグストアを思い出しますね。店に入るとそういう匂いがするから。
で、なんだかホッとするのよね。たぶん、自分にとって好きで安心できる場所だからかもしれない。
そんで、その店で売ってる美味しいポテトチップスを買うのが楽しみで楽しみで。自分で書いてて小っちゃい幸せだと思う(笑)



匂いと言えば、昨日。
仕事で考えすぎて、おでこが熱くなって頭が痛くなったのは既述のとおりですが、その話には続きがある。

今、車が壊れててバス通勤でして。
(ここ2ヶ月間、修理出して戻ってきて壊れて、修理出して・・・の繰り返しなので、買い換えることにした。しかし、車が届くのは今月末なので、それまでバス通勤は続く)
帰りに頭痛いままバス乗って、しばらくして乗ってきた人の香水が鼻について、余計に頭ガンガンしてね・・・(ノД`)
(たぶん、頭痛くなければ「香水きついなー」程度で済んだと思う)
香水はつけすぎちゃいかんなと思った出来事でした。普段つけないけど、つけることがあったら気をつけねば。
そして、早く車通勤に戻りたい。心からそう願うポッキーの日である。
そうすれば誰かの香水を気にすることもないし、車の中で嵐さんガンガンかけて熱唱することができるのだから。