たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/10/29

「働かず、ずーっと家で絵描いてる」で、「黄色い涙」を思い出すワタクシである。

(あの場合は家じゃなく公園だったけどね)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「天が私にあと10年の時を、いや、5年の命を与えてくれるのなら、本当の絵描きになってみせるものを」

おお。すごい言葉だね。
これは、江戸時代後期に赤富士や富嶽三十六景などの作品を残した浮世絵師、葛飾北斎さんの言葉です。
90歳の晩年まで絵を描き続け、死を目の前にしたときに述べた言葉だということです。

あー。リスナーのコスモスさんから教えていただきました。メールを読みますと、
北斎が「70歳までに描いたものはろくなものではない」とも言っていたことには驚きます。
そんな北斎の赤富士を展覧会で見た後に「嵐にしやがれ」で大ちゃんがスギちゃん部長になったときの小道具に赤富士が掛け軸で使われていたのを見て、赤富士と前髪を垂らしたスギちゃん部長の顔と、この名言が三点セットになって脳裏に焼き付いてしまいました」

そんなのあったっけ?(笑) もうあれやるのに必死だったから分かんないわ。へぇー。
ホントにね、すごいよね。この世を去るギリギリまで描くっていうかさ。いや、その精神ったらやっぱりね、なかなかできないと思うよ。うん。
まぁ、でも正直ね、僕が江戸時代にいたらホントずっと描いてたかもしんないね。うん。何カッコいいこと言っちゃってんだ、勝手にね。ごめんなさいね、ホントに。
いや、そういうの考えんだよね。だから昔の人ってさ、伊藤若冲とかもそうでさ。ホントにさ、働かず、ずーっと家で絵描いてるわけじゃない。うん。それが強烈に楽しかったんだろうね。うん。
あと、昔の人はホント写真なんかないじゃん。なのにさ、例えばなんか動物でもさ、人間でもそうだけどさ、もう本気でリアルに描けるじゃん。よくパリの油絵とかさ、いっぱいあるけどさ、人物とか船とかさ。まぁ、船は見て描けるけどさ、人物とかって動きのある絵とかも描くじゃん。
すごいリアルに描くってことはもう何だろうね。観察力がすごかったんだなと思うわけ。写真なんかない時代でよくあそこまでできんなと思うわけ。うん。だからね、そういうことばっかいろんなね、絵とか見に行くと、そういうことばっかね、考えちゃうんだよね。うん。
そうだね。でもやっぱりね、僕はね、何歳くらいまで描けるか分かんないけど、これはずーっとやってくもんなんだなってのは分かる。うん。おじいちゃんになっても絵は続けていくんだろうなっていう。
だから、おじいちゃんになったときにどんな絵描くのかねって気になる自分。今。まぁ、そういう日をね、想像しながら今いろんな絵を描いていきたいと思います!ワタクシもホントの絵描きになってみようかな。
以上、大野智でした!

(BGM「Imaging Crazy」)



スギちゃん部長の赤富士をチェックしようと思ったら、既に消してもた。
(最近、ダビングとかして保存してない。見たら消しちゃう)
そうか、赤富士があったのか。スギちゃん部長に釘付けで覚えてなかったよ。

スギちゃん部長も面白かったけど、相葉部長も面白かったと思うよ。
ふなっしーのものまね(?)してたし、なんかコケシ持ってインタビューしてたし(^_^;
相葉ちゃんといえば、この手の企画をやると笑いが絶えないのよね。プロデューサー役の「なんだバカ野郎」とか、この前のしやがれでカバンが開かなくてアタフタしてるとか。必ずなんかやらかしてくれるので楽しみ(笑)