たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/10/02

2週間も心臓持たない(×_×)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「議論に勝つ最善の方法は、この世にただ一つしかないという結論に達した。その方法は議論を避けることだった」

フフフフ(笑) なるほど。
これは、アメリカの実業家、デイル・カーネギーさんの言葉です。
正面から難題に向かっていくのではなく、難題をかわしながら目標に辿り着こうということですか、これは。ええ。まぁ、一瞬逃げにも感じますけど(笑)

リスナーのせっちゃんから教えていただきました。メールを読みますと、
「大ちゃん、おはよう!せっちゃんだよ。
この言葉を知ったとき、いろんなことをのらりくらりとかわす大ちゃんが思い浮かびました」

なるほど。分かんないよ、オイラ相当な議論してるかもしんないじゃん。してないけど(笑) あーでもない、こーでもない。いや、そうじゃない。いや、それは果たしてどうかな。いや、こうだろう。いや、待てよ。ってことでしょ。あんまりないなー、僕は。
結構ね、例えば自分から言ったことだと、やったことだとしても、結構受け入れる。人の意見を聞くかな。うん。結構やっぱ1人で決めてるとさ、もう周り見えなくなってまっすぐになっちゃうんだよね。そうするとさ、そこで1コ問題があるともう出られなくなっちゃってて。そこで人の意見をパッと聞くと「あ、そういう方法もあったな」みたいのが多い。
まぁ、絵でも振り付けでもそうだね。うん。だからよくね、振り付けのときとか振り付けしてて、で、松潤が「これこうやった方が良くない?」とか。そうすると結構「あ、確かに」と思って。うん。「あ、そうしよう、そうしよう」みたいな結構多い。うん。
翔くんも言ってくれる、たまに。「ここ、俺もこうやったらなんか全体的にこの振り合うよね」とか。「あ、いいね、それいいね!」とか(笑) 結構意見取り入れちゃうね。
でも、そんだけやっぱ考えてやって、振り付け覚えて受けてくれると、やっぱ嬉しく感じるよね、ホントに。そう、でもここは譲れないってところは絶対に譲れないです。決めポーズとか。うん。だから「ホントこれ?」とか言われることもある。「うん、それ。やって」。そこはね、いいとこだよね。僕が振り付ける点で言うと。
たぶん、他の振り付け師だったら「ああ、気になる?」とかなって「ああ、ちょっと変えるね、待って」みたいのあるけど、僕は変えないです。とかいう意地悪はありますけど(笑)
まぁ、でもそういう考えって面白いです。最近、振り付けする率が多くなった点では。ええ。まぁ、次のツアーでもね、もしかしたら振り付け担当、何曲かあるかも分かんないんでね。ええ。当ててください。
以上、大野智でした!

(BGM「Endless Game」)



「オイラ相当な議論してるかもしんないじゃん」って言った直後に「してないけど」って・・・(笑)
まぁ、してないだろうと思ったけど(失礼)
あと、「のらりくらりとかわす大ちゃん」で風助(センゴクプー)を思い出しましたよ。

次のツアーといえば、昨日の当落。
私は東京ドームだからまだだけど、メールが届いたときドキドキしたよ(>_<)
ワクワク、ライブビューイングと立て続けに落選してるので、メールを開くのが怖いのです。で、昨日思い切って開いたら「抽選中」って。心臓に悪い。
(タイトルに「抽選中」って書いてあるの見えなかったのよね・・・)
10月15日とか書いてあったな。うむ。しばらく気が気じゃない日が続きそうです。やだなー。



昔、読んだエッセイ・・・誰だったか忘れたけど、そのエッセイに「ケンカに負けたことがない」って書いてあって。
すげえ強いんだろうなーと思って読み続けたら、「何故ならケンカをしたことがないからだ」って書いてあった。「なんじゃそりゃー!」って思った(笑)
しかしですよ。それって一理あるなと思うんです。ケンカをしないという手段だって一つの方法だから。

確かに、こういうのって逃げかもしれません。大野くんも解説でそう言ってるし(^_^;
誰かを打ち負かすことだけが強さじゃないでしょう。もし誰かを打ち負かして気分爽快になるのなら、それはただの自己満足とか優越感でしょう。
ケンカをふっかけたり、威嚇したり、怒鳴ったり、威張ったりとか・・・。そういうことする人って、そうすることで弱さを隠してる。そんな気がします。
・・・まぁ、、個人的な意見なので、適当に読み流してください。ただ私はそういうことする人になりたくないだけさ。ならねえし。