たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/09/01

ワタクシの 心の支えは 嵐しゃん
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「遠い親戚より近くの他人」

なんかいい言葉っぽいっすね、これ。
これは、いざというときに頼りになるのは遠く離れて暮らす親類ではなくて、近所に住んでいる他人である、ということを表すことわざです。
アナタにはいざというときに頼りになるご近所しゃん・・・(笑) ご近所さん、いらっしゃいますか?

ええ。噛まない。9月入ったから。夏休み終わったばっかだからなの。これはしょうがないよね(笑)
ご近所さん。ねぇ、何だろう。まぁ、他人だけども、一番近くにいるのはメンバーかマネージャーですよ。まぁ、マネージャーの方が多いか。マネージャーさんですね。
ホントにね、僕にはできないですね。できないっすよ。だって、タレントより早く起きて送り迎えして、その間も仕事してて。送り迎えだけじゃないじゃん。で、帰るのもタレントより遅いわけでしょ。ちょっとそれだけでイラッとしちゃうもん、僕(笑) 仕事だけども(笑)
頼りになるとき。基本頼りになってますよね。うん。僕あんまり物知りじゃないんで知らないこといっぱいあるんで、「これどうしたらいいの?ああしたらいいの?」とかよく聞いたりしますけどね。うん。
だから、僕がマネージャーだったらタレントが「あれどうすればいいの?これをどうしたらいいの?」「どうしたらいいんですかね?ワタシ分かんないっすよねー」とか言っちゃって全然ダメだろうね(笑) クビだよね。うん。
長いマネージャーで10年ぐらいのマネージャーいますからね。うん。そうそうそう、当時研修だったのかな、まだ。で、僕は舞台やってて楽屋で「今日から研修入る○○です」って。「ああ、初めまして。お願いします」って。そんで、なんか楽屋で立ってたの、ずっと。オイラの楽屋で。
で、気まずいじゃん。楽屋だけどなんでずっと立ってんのかなって思って。で、俺もリラックスできないわけよ、楽屋で。「座っていいよ、座っていいよ」って。「あっ、大丈夫です」とか言って。「いや、俺が大丈夫じゃねえんだよな」って思いながら。それはハッキリ覚えてんだよね。それをよくね、話す。何回か話した。「あのとき、どう思ってたの?」とか(笑)
あれから10年ですよ。すごいね。ええ。マネージャーさん、これからもお世話になります。
以上、大野智でした!

(BGM「GUTS!」)



いいところで噛んだ!ご近所しゃんって!!なんか可愛いぞ(笑)
9月も絶好調超である。そしてワタシも盲目バリバリである。愛ゆえに。

時々、マネージャーさんの話が出てくるけど、ホント信頼してるんだなーと思います。
こうやって話題に出るのは、すごくいい関係なんだろうなとも思う。
研修中の楽屋の件、「あのとき、どう思ってたの?」って問いに、マネージャーさんは何て答えたんだろう。ちと気になる。



話は違うけど、週末の「24時間テレビ」。
「はなちゃんのみそ汁」の目マンで笑い、小料理店の女将さん(田中裕子さん)の「ダメよダメ」で朱美ちゃん(日本エレキテル連合)を思い出し(笑)、終盤の目マン2号で涙が止まらず。
で、その後の「しやがれ」で笑うっていう、感情のアップダウンが激しい土曜の夜でしたね。ええ(^_^;
ラップ対決は秒殺というか瞬殺でしたね。さすがでやんした。

日曜も泣きまくりで。
午前中に映画「STAND BY ME ドラえもん」観に行って泣きまくって、家に帰って「24時間テレビ」見て泣きまくって。泣いて終わった8月でした。
泣きすぎて頭がクラクラする(@@;)

今年の夏は泣くこと多かったんで、9月は少しでも笑顔でいたいのです。
ねぇ、いいことが一つ増えたじゃん。例のアレが。私は東京ドームも例のアレも行く気満々ですからね。まだ当たってもいないのに(笑)
悲しいことや悪いことの後には、必ず嬉しいことやいいことがある。前向きに!