たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/08/21

ああ、めんどくさい(鼻ほじほじ)

(悪い口癖だと思いながらも、つい口に出ちゃう「めんどくさい」って)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「恋人にならないで女を知ろうというのは、ちょうど釣りをする男が川の上で釣り糸を振り回しただけなのに、もう魚を知った気になるようなものである」

釣りで例えると、やっぱいっぱい例えられるんですね(笑)
これは、19世紀のフランスの小説家、ジュール・ルナールさんの言葉です。
男性の皆さん、女性をちゃんと理解していますか?知ったかぶりしていませんか?飲んでる席で「女っていうのはね~」って言ったりしていませんか?

ねっ。いやー、女性ね。女性と男性の違いとかってなんなんでしょうね。何だろうね、女子。
あのね、なんだ、話に聞くと、電車の中で化粧する人、気にしないでするじゃないですか。それって男性に見られたいからじゃなく、女性同士、女性に見られてナンボみたいなとこあるらしいですよ、最近。だから、別に電車の中で男性に見られてもどうでも良くて。たぶん友達同士ってことかな。で、自分がこんだけキレイだみたいな。「えーっ」って思いましたね。女性同士で高め合ってるみたいな。はぁ。だから電車の中でやるんですかね。
いや、だから昔、見たことあるんだよね。電車で目の前でいきなりバンバン化粧し始めて。そんで、ずっと見てたんだけど。塗ってるときの顔とかも、「たぶん家でこんな感じなんだろうな」をそのままね、電車で再現してて。で、ホント周り気にしてないの。でもめっちゃ器用なの。電車の中だから揺れてるわけじゃん。でも、目のラインみたいのもちゃんと揺れを利用して描いてんだよね。それ見てむしろすげーなと思って、ずっと見ちゃって。「あっ、こんなになるんだ」みたいな。
そんで、ちょうど時間、たぶんあの人が降りるちょっと前ぐらいで終わって片付けて電車降りてったときはね、ああ、ちょっとこれはね、芸術的だな、みたいな。思いましたけどね。
たぶん、あれも女性に見られるのかな。だって俺、反対側に座ってたからさ。俺、ガン見してたぜ、1人で。だから男性に見られるとかないんだろうね。えーっ、ちょっと面白いね。そういうのちょっと聞きたいね。女心、教えてください。女性はこういうときこういうことを考えてたり、とか。男性にない部分を募集しましょう。
以上、大野智でした!


(BGM「夏の名前」)


ごめん、今日のトーク、賛同できなかったわ(--;)
「電車の中で化粧するとはけしからん!ばかもーん!!」(波平風)って思ってるからさ。
化粧は家でするもんですよ。普段、化粧殆どしてない私が言うのも何ですが。
(BBクリームと塗る程度。しかし、汗で落ちるのでノーメークみたいなもん)

女心ねぇ、私も分かんないや。
一応、女性というものを40年近くやってるけど、何が何だかもう。
女子力とかさ、そういうのも分かんない。何それ美味しいの?みたいな感じになってる(笑)
そういうことに興味ない(というかめんどくさいと思ってる)私は女子力ゼロなんでしょうね、きっと。

あ、そうそう。昔、私にこういうこと言った男性がいたんですよ。
「女って嫌だね。人間関係ドロドロしててさ」って。
そのセリフ、そのままそっくり返します。アナタだって同じでしょ。人間関係ドロドロしてるくせに。
自分のこと棚に上げて、女のことを何でも知ってるみたいな感じでほざいてんじゃねーよ、って思ったんだわ。
結局、男も女も変わらないのかも・・・。