たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/08/13

テンセイクンプー」の次は「KYO TO KYO」か!?

(煽るのやめなさいっての)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「あ すむーす しー ねばー めいど すきるふる せいらー」
( A smooth sea never made skillful sailor.)

穏やかな英語でお送りしました。最近これが気に入ってる。ええ。
これはですね、穏やかな海は良い船乗りを育てない。
ああ、穏やかじゃダメだったね。もっと「あ、すむーす しー!!」(※力強く)くらい言った方が良かったね。まぁ、もう言っちゃったからしょうがないですね。
穏やかな海は良い船乗りを育てないという意味の英語のことわざです。
船乗りに限らず、いろいろ辛いことや失敗と言った修羅場を乗り越えてこそ人間は成長していくと。

うん。そうです。修羅場。まぁ、この世界に入っていろんな修羅場は僕なりにもありましたけどね。
でもね、まぁ、修羅場っつーか、京都に住んでるとき、舞台やってるとき、修羅場っていうかね、何だろう。1日5回公演やるっていうのはやっぱりすごいことだよね、当時。朝10時から夜9時10時までやってなかったっけ。うん。
でもね、その中でもね、踊りとかでいったらたいていの曲って3分4分とかじゃない。1曲踊るの。当時の東山(紀之)さんのナンバー「千年メドレー」ってのがね、あってですね。それがね、フルで8分9分くらいあるの。で、ずっとガッツリ踊ってるのね。でも、当時はそれが踊りたかったの。格好良かったから。で、踊りたくなったのよ。でも、よく少年隊のミュージカルのビデオとか見てるだけで覚えちゃう。好きだから。
そんで京都に東山さんがゲストで来たときに「千年メドレー」やったの。そのときに「大野、オマエ踊るから」って言われて「え?え??え???いいの!?」みたいな。で、もう1人と僕と東山さん、3人だけだったの。「えっ、いいの!?」っていうかさ、「マジっすか!?」みたいな感じじゃん。でも、ガムシャラに踊ったんだけど、まぁ終わった途端、袖はけて倒れたよ。でも、東山さんはその後、最後に僕らは止まってるんだけど、ハアハア言ってるんだけど、東山さん普通の顔してその後、台からバク宙したわけよ。ビックリしたよね。この人、何者なんだと思って(笑) いや、そんくらいのナンバーなんですよ。当時はもうあれはすごかったんです。いやー、それを経験してからね、やっぱ全力もいいんだけどメリハリとか分かってきましたけどね。うん。
いや、もうやらないです、僕は。いや、嵐になってからニノとやったことある(笑) まぁ、面白かったですけどね。いい経験でしたよね(笑) ねっ。ありがとうございました!
以上、大野智でした!

(BGM「誰も知らない」



あらためて、1日5回公演ってすごすぎる!と思う(゚ロ゚)
「アラシゴト」のインタビューで、京都時代の話が出てきて、それを思い出してしまったりね。舞台裏で泣いてたっていう。
(そのインタビューを読んだ当時、ファンになって間もなかったんで衝撃的でした・・・)

嵐さんのファンになったばかりの頃、大野くんのJr.の頃が知りたくて、「KYO TO KYO」のビデオを買ったんだわ。
ただ、今、家にビデオデッキがないから見れないんだな。もう見たのが10年くらい前だから、記憶が薄れてしまって。いかんいかん。

あ、そうそう。ビデオで思い出した。
なんか、Amazonで「テンセイクンプー」のDVDの売り上げがググンと上がってるそうで。なんでまた(^_^;
それだけ見たい人が多いってことなんでしょうけどね。何が起こるかわからんもんですな。

ふと思うんだけど、今日、「KYO TO KYO」の話が出たでしょ。
ってことは、今度はAmazonで「KYO TO KYO」のビデオのランキングが急浮上したりして!
今年の夏はいろんな意味で熱い。