たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/06/19

ドラマでは噛んじゃダメよ。
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「今、あなたの前に立ちはだかる壁は高いかもしれない。でも、それは扉かもしれない」

おお、いい言葉ですね、これ。
これは、アメリカの16代大統領、エイブラハム・リンカーンさんの言葉です。

リスナーのマリッペさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「今、私は仕事で壁にぶち当たっています。乗り越えていけるかとても不安で自信もありませんでしたが、この言葉に出会いやる気が出ました。頑張りたいと思います」
おお。いい言葉ですね、これね。うん。確実に扉ですね。ええ。僕はそう思いますよ。
いや、でもね、そうだね。壁にぶち当たるというかね。単純なイメージだったらクリフクライムですよ(笑) 「VS嵐」のね。ええ。最近登ってないかな。
でもね、確かに嵐は慣れてます。毎回やるケースが多いんでね。ただ、結果を残すか残さないかは、その日によって違うんだよね。その日によっていけるかいけないかってあるんだよ。うん。だから面白い。よくできたゲームだなと思う。
あと、キッキングスナイパーとかさ、他のゲームもそうだけど、毎回結果違うの。安定感がないっていう(笑) ずば抜けて強いとかも嵐ないじゃん。「わざとやってんじゃねえか」って思われるぐらいね。
でもね、真剣にやってあれだよね。毎回違うからね、面白い。壁だらけだよね、そう考えたら。扉かもしれない。壁ではないよね。僕が言うと、あんまカッコつかないんだよね。言ってみたいね。
「いや、それはね、壁と思ってるかもしんないけどね、とびだらだね」
ああ、もう噛んだ(笑) ねっ。僕ね、重要なとこ全部噛むからね。ええ。だからダメなんだよ。うん。
まぁね、扉の向こうにまた壁があり、その扉の向こうに壁があるんです。ええ。壁ばっか言ってね、もうね、上手い言葉が何にも出てこない、僕は。なんか一言名言作るよ、30代で。うん。
なんか今度いい言葉特集を1回やってもらっていいですか?リスナーの方のちょっとキメた「私(俺)いいこと言ったな」みたいな、自分の名言集的なものをメールで送ってほしいですね。参考にしつつ自分で作りますから。参考にしますよ、それ(笑) はい。

さて、明日はお休みです、この番組は。
しかしね、明日は夜、ドラマ「死神くん」最終回ですので、皆さん是非見てくださいね!はい。
以上、大野智でした!また来週~♪

(BGM「誰も知らない」



肝心なときに噛むのがこの男である。
ニノがいたら「終了~!」って言われてるパターンだよ(笑)
「とびだら」って、魚の名前みたいだな。新種誕生か!?(違います)

先週の金曜日も言ってたけど、明日の「ARASHI DISCOVERY」・・・というか「MORNING STEPS」はサッカー中継のためお休みです。
というわけで、今週のレポはここまで。また来週~♪なのです。

ギリシャ戦、いよいよ明日なんだね。サッカーのことはよく分かんないけど、どっちが勝つんだろう?ってのは気になる。
そして気になるといえば、明日の「死神くん」。いよいよ最終回ですからね。いつも録画したのを後で見てるけど、明日こそはリアルタイムで見たい。起きてられたら。
(いつも力尽きてしまうのよね。睡魔には勝てましぇん)



自分で名言は作れないけど、誰かが言った言葉でいいなって思うのはいくつかある。

楽しい事が終わってしまうのは、悲しいことや辛いことが必ず終わるためなんだ。
(「ぼのぼの」スナドリネコ)



アニメの最終回に出てきたセリフ。
ぼのぼのが、「どうして楽しいことは終わってしまうんだろう?」って考えて悩んで、身近な大人であるスナドリネコさんにその疑問をぶつけたところ、返ってきたのが上記のセリフ。
終わってしまうのは楽しいことだけじゃない。悲しいことも辛いことも必ず終わる。そう思うと希望が見えてくる気がしたんだ。

あともう一つ。

生きてくカギの1つは"早送り"だ。タルい映画を早送りするみたいに。
(「アリー my love」リチャード・フィッシュ)



1st seasonの4話だったかな。アリーのかつての恩師であり、不倫相手だった大学教授が急逝してしまって。
奥さんに不倫してたことがバレて、恋人に別れを切り出されてどん底の状況の時に、上司であるリチャードがかけた言葉でした。
ようするに「ああ、不倫?そんなことがあったわね」って思える日がくるってことよね。時間が解決すること、あるから。