たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/06/02

3Dプリンターで自分そっくりな人が作れちゃったりして・・・。

(そのうち、一家に一台になるのかもな)
おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「人生は一生のうち、会うべき人には必ず会える。しかも、一瞬早からず一瞬遅すぎないときに」

おぉ。なんかそんな気がしますよね。
これは、哲学者で教育者でもある森信三さんの言葉です。
人の出会いは早すぎず遅すぎず、ちょうど良いタイミングで出会うものであると言っています。

埼玉県所沢市のリスナー、シノさんから教えていただきました。メールを読みますと、
「素敵な一言を見つけたので送ります。
人との出会いが人生を動かすと思うと、なんだか人生に面白味を感じ、これからどのような出会いがあるのかワクワクしてきました。
今年は嵐15周年。更に多くの出会いがあると思います。嵐の皆さんが充実して楽しい日々を過ごせますように」

ありがとうございます。
いやー、でもね、ホントに決められてると僕は思ってますよ。出会う人って。うん。で、出会って別れもあるじゃないですか、いろんな意味での。それも絶対決められてるんじゃないかな。うん。自分のプラスにいくためのステップアップだと思ってくださいよ。何言ってるんだ、おっさんみたいだね(笑)
でも、よくさ、街歩いててさ、「あっ、あの人どっかで見たことあるな」とかない?俺、よくあるんだけど。あと、自分に似た人が3人だっけ?っていうけど、まだ出会ってないんだよ。結構似てんでしょ、それって。ホントにその3人って。
双子の人ってどうするんだろうね?あと1人いるのかね?倍になるのかな?(笑) そんなことあるのかな。
でも、俺あんまりそれ、ないと思うんだよ。あったらもう、会ってる人は会ってるし。会った時点でたぶんテレビに出るでしょ。「自分に似た人が3人いるといいますが、1人見つけました」ってテレビでやると思うんだよね(笑) で、未だにないってことは、ないんじゃないかな。
日本人じゃないのかもしれない、確かに。アジアのどっかにいるかも分かんない。そっちの方が面白いけどね。うん。で、向こうが中国語喋ってたり、韓国語喋ってる可能性もあるよね。で、「日本語は喋れません」って「えっ、マジか!?」みたいな。それも面白いなーと。
まぁ、1回会ってみたいね、でも。もうホントそっくりな人と。そしたらね、その人が韓国人だったとしても絶対俺、韓国語覚えて、向こうも日本語覚えさせて、「1回仕事チェンジしてみない?」って。どんな感じか。「俺、こういう感じ」みたいな。「体感できた」みたいな(笑)「なんかみんなパニクってたよねー」みたいな(笑)
いやー、でもね、出会ったという人、ちょっと聞きたいので是非ともメールと何やらください。
以上、大野智でした!

(BGM「誰も知らない」



前にも書いたと思うんだけど、二十歳くらいのとき、雑誌読んでて自分とそっくりな人が載ってたのはビックリしたよ。
妹もその雑誌読んでて、「これ、お姉ちゃん(私)じゃないの?」って言うくらいそっくりで。

私じゃないんだよね。取材受けた覚えないし。っていうか、私みたいな田舎もんのねえちゃん(当時)に声かけるような人なんていないですよ。
なんか、もう一人の自分がいて、私の知らないところで何かしてんじゃないのかって錯覚してしまうくらい、そっくりだった。
そうなるとビックリを通り越してホラーになってしまうのだけど・・・(^_^;

ちなみに、双子に関して言うと、そっくりじゃないってパターンもありますからね。ワタクシの母と叔母なんですが。
ええ、大野くんと誕生日が同じ、母と叔母です。
(関係ないが、事実である)
ホント似てないのよね。ビックリするくらい似てない。性格も全然違うし。ただ、電話するタイミングは同じなのよね。
母と叔母、それぞれ似た人が3人いるんじゃないかと思います。たぶん。

それにしても、大野くんとそっくりな人って・・・。
前に、ものまねの番組で大野くんに似たちびっ子が出てたな。すごいそっくりではなくて、雰囲気が似てたな。たれ眉で可愛かったよ(笑)