たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・2014/05/05

柏餅 葉っぱを食べて 大後悔

(子供の頃、あんこが苦手で和菓子を食べたことなくて。
大人になってから食べられるようになって、うっかり句のようなことをやっちまったのでした。
桜餅は葉っぱを食べるから、つい・・・)

おはようございます。嵐の大野智です。
今日の一言、カモン!

「純真無垢」

聞いたことある。ええ。純真に無垢ですよ(笑)
これは、心に汚れがなく清らかなこと。人を騙したり疑ったりする気持ちがないことを意味する四字熟語です。

ああ、なるほど。もうこれは相葉ちゃんにしか当てはまらない(笑)
あの人はもう純真無垢ですね。ホントに。ええ。もう。「ドッキリ」(正月の「嵐にしやがれ」)見ました?何回も言うけど(笑) あんないい人いないですよ。ええ。皆さん。あの人を目指しましょう(笑) ねっ。
あっ、こどもの日ですって、今日は。5月5日、鯉のぼりの日。鯉のぼり出す家って最近見ないね。まぁ、あんまり仕事で周りを見てない自分がいるかもしんないけど。
僕、好きだったんですよ、子供のとき。僕の家はできなかったんですけど、よく一軒家ででっかい鯉のぼり立ってる家いいな、って思ってた。あのでっかい鯉のぼり、うちもいつか立たないかな、って思ってた。一軒家の人しか、あのでっかいのは立てられないってイメージだったね。うん。
しかもね、僕の小学校のときの通学路の途中にあるんですよ。そのでっかい一軒家のでっかい鯉のぼりがね、この5月になるとあって。あー、今年も立ってるなー。いいなーって。その家がね、大野さんなんですよ。ねっ。いいなー、大野さんって思って。1回ぐらいこっちの大野さんになりたいって思ったことありましたね。ええ。
だからね、よくちっちゃいのあるじゃん、手持ちの。あれはでも買ってくれてた。でもね、あれ固いんだよ、鯉のぼりが。もっと滑らかにプルルルンっていうのが欲しかったんですけどね。
でもね、そういうの、ひな祭りはやってくれてたんですよね、うち。ちゃんとしたやつ。すごい段差で。10段ぐらいあるのかな。もうあれが好きでね。ちゃんと飾ってくれてて。好きなんです、あの小っちゃい小物がバーッてあるの。人形の周りにあるじゃない。あのあれが好きだったんだよね。よく遊んでたんです。
そんでね、登ろうとして、それ。で、毎回、それ絶対止められてた(笑) 登りたくなるじゃないですか(笑) だって、一番怖いのはね、夜中のトイレね。怖かった。見られてる感。走ってたもん。うん。
やっぱそういうのイベント的なことはやっぱね、やるべきですね。思い出に残ってますもん。うん。ただ、鯉のぼりが唯一のね、(心残り) いつか叶えたいと思いますね。ええ。
以上、大野智でした!

(BGM「GUTS!」)



鯉のぼり、我が家の近所でも立ってますよー。
ちと大きめの家の庭にね。風になびいて気持ちよさそうに泳いでます(^^)
あと、週末に出先で見かけたな。これまた大きめの家の庭に立ってた。代々使われてるのかな。ちょっと白い部分が年季が入ってる感があって。これまた気持ちよさそうに泳いでましたよ。いい感じで風が吹いてるんだな、これが。

ところで、雛飾りに登ろうとしたってアンタ・・・(--;)
この手のいたずらは、食卓の上で逆立ち事件だけじゃなかったのね。なんてガキ・・・いや、お子様なのかしら。
登ったら危ないのはもちろん、とんでもないことになりますからね。飾りが大惨事の修羅場でしょう。
未遂で良かった(^_^;