たわごとマシンガン

『ARASHI DISCOVERY』のラジオレポや、その他いろいろ。たわごと、撃ちまくり。人生、奪われまくり。

ARASHI DISCOVERY・11/22

たったひとつ 勝てることは
誰よりも あなたが好きです
AKB48Choose me!」)
おはようございます。嵐の大野智です。
毎週金曜日は頂いたメッセージにお答えしていきます。

まずは、ヒーコ19歳さんから。
「最近、キュンキュンがないです。大ちゃんは、どんなときにキュンってしますか?」
うん。キュンね。あっ、なるほどね。これ僕、一気にキュンって読み過ぎましたね、ちょっとね。
キュン♥ね。「大ちゃんは、どんなときキュン♥ってしますか?」ってことだね。ええ。なるほど。
キュン♥か。キュン♥ないね。でもね、いろんなキュンとするメールはね、ちょっと発見しちゃったんだよね。ちょっと読んでいいですか?

ええとね、埼玉県本庄市ナスビさんから。
「私は中学1年生の女の子です。親友の恋愛相談に乗っているうちに相手の男の子が気になってきました。でも、親友の!自分の気持ちも!
大野くんは「グイグイいく」って以前番組で言っていましたが、私はグイグイいく勇気がありません。どちらともいい関係でいたいと思ってしまいます。私ってズルいのでしょうか?アドバイスをお願いします」

ああ。キュン♥ですよ、これ。青春ですよ、まさしく。いや、でも、そう思ったってことはズルいってことじゃないよ。素直な気持ちですよ。
さぁ、どうするかはアナタ次第!(笑)

続いて、大野くん大好き妻の夫さんから。おお。
「大野くん、おはようございます。
私の妻は、嵐さんのファンになる前は、朝は子供に起こされ掃除も苦手。布団は万年床で久しぶりに布団を上げたらカビだらけといった状態でした。
でも、嵐さん、特に大野くんを好きになってからは、朝はラジオを聞くので一人で起きてきてコンサートに当選するようにだか、家の掃除も人並みにして、いつか大野くんに逢えることを妄想してとても若返りました。
大野くん、嵐の皆さん、妻を変えてくれてありがとうございます。でも、大野くんは私のライバルです」

おお。奥さん変わったってことですね、非常に。いやー、嬉しいですねー。
いや、でもね、何がきっかけだったんでしょうね。でも、朝ラジオを聞く、いつから聞いてたんだろうね。もう10年以上やってる中でね。
いやー、でも、ありがたいですよ。これもキュンってしますね。これもあれだね、いい話で。旦那さん、僕は旦那さんがライバルです。

つつつ続きまして(笑)、厚木市のユミさんから。
「いつも朝、頑張って起きて布団の中で聞いています。
私は人生初のボランティアを始めました。目の見えない方のためにご要望いただいた雑誌などをテープ、CDなどでお渡しする朗読ボランティアです」

ほぅ。
「70歳前後の先輩方に混じって「若い」と言われています。
始めてまだほんの少しで練習段階で慣れないですが、「ユミ、頑張れ」と応援お願いします」

おお。いいじゃないですかね。ええ。いや、こりゃもうね、人生の先輩方に「若い」と。まぁ、これはずっと言われますけど(笑) ねっ。先輩方のためにね、頑張ってもらいたいと思います。
ユミ、頑張れ!キュン♥

さぁ、続いて、栃木県スーさんから。
「大野くん、おはようございます。
私は幼い頃、転校が多く、寂しいときにはカラスやミミズに話し掛けていました。今もカラスを見つけると行動を観察してしまいますが、カラスを可愛いと言ってくれる人になかなか出会いません。
大野くんはカラス嫌いですか?」

すごいですね。つーか、カラスをね、ちゃんと見たことがないかも。嫌いか好きかってことも考えたこともないかも。ただ、カラスが近くにいると、ちょっとドキッとする自分がいる。つっつかれんじゃねえかって。
カラスって頭いいからね。クルミとかね、道路に置いてね、車でね、潰して割って中身食うっていうね。そこまでね、頭いいカラスだからね。そうだね、もうちょっと僕もカラスについて考えたいと思う。うん。カラスをキュンってなるまで僕、考える。
僕、頑張る!

ということで、毎週金曜日は頂いたメッセージにお答えしていきます。メールでお待ちしています。たくさんのメッセージお待ちしています。
ではまた来週。大野智でした。

(BGM「P・A・R・A・D・O・X」「FUNKY」)



今日はキュン♥が満載なトークでした。
ただ、カラスの話題でキュンはかなり強引だったけど(笑)

そうか、親友の好きな人を好きになってしまったか。
大野くんが言うように「アナタ次第」なんだよな。答えはない。
自分がどうしたいのか考えるしかないんだよな。自分の気持ちと向き合うしかない。

偉そうに言える立場じゃありませんが、同じような経験をしたので書いておくと・・・。
親友ではなく職場の後輩(特に親しくない人)と同じ人を好きになって、「どうしてもこの人じゃないとダメなんだ」って思って。
思い切って行動に移して、それから十数年経って今に至ってる。

まぁ、職場の風当たりが強くなったり、同僚から心ないこと言われたりとか、それ相当のことをしたんでオススメはできませんが・・・。
ただ、自分の気持ちに正直になって行動に移したことは後悔してないです。もし、あのとき行動に移さなかったら、今頃めちゃくちゃ後悔しながら生きてたかもしれない。
そのくらい、自分にとっては大きな出来事だった。今の自分はいないだろうね。そして家族も。

私みたいなのは世間で言う「女が嫌いな女」とか「最低な女」に当てはまるんだろう。
幻滅した人もいるかもしんないけど、事実を述べただけだしね。無理に好かれようとも思わないし。嫌なら嫌で仕方ないんじゃないですか。前向きに。
(かといって、わざと嫌われるようなことをするつもりもないが)